ただいま、こちらの講座のご案内をしております。

<5月17日(日)受付終了>

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

<5月31日(日)受付終了>

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

本来、上記の講座はすべてライブで開催する予定だったのですが、
コロナの影響でビデオ講座に変更をさせていただきました。

本当のことを告白しますと、私は

 給与計算の「スキル」を身につけていただく講座なので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「絶対にライブで開催するべきだ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

という固定観念を持っていました。

しかし、緊急事態宣言によって全国的に外出自粛が求められた
ことによって、ビデオ講座に変更せざるを得ない状況に陥り
ました。

ところが、実際にビデオ講座の収録をしてみると、

 「案外こっちの方が良いかも?」

と考えを改めることになったのです。

たとえば、「給与計算ベーシック講座」で配布しているソフトの
説明をビデオで行ってみると、こんな感じになりました。

 ★給与計算ソフト(エクセル版)の概要説明ビデオ
  https://youtu.be/qtY3RsI2qZU

ソフトの操作方法の説明に関しては、ビデオ講座の方が断然
わかり易いですね。

むしろ、

 「スキル」を身につけていただく講座については
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「絶対にビデオ講座にすべきだ!」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

とさえ考えるようになったのです。

やっぱり、何事もやってみないことにはわかりませんね。
今週末には、以下の講座のビデオ収録を行う予定です。

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

ところで、冒頭でお話をした「雇調金申請マニュアル」の件ですが、
実は別のツールの開発もしております。

それは、以下の2つのツールです。

 ・労働条件通知書作成ツール

 ・労働者名簿作成ツール

どんなツールなのかについては、明日のメルマガで公開しますね。
どうぞ楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加