まずは、こちらのビデオ講座のご案内から。

 ★令和2年度「最新!使える助成金実務講座」
  https://www.joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2020.html

これは毎年恒例になっている「新年度の助成金の最新情報」を
ご提供するセミナーです。

本来であれば5月19日(火)にライブ開催をする予定でしたが、
このような状況のため、今回はビデオ講座としてお届けします。

5月19日(火)に無観客でビデオ収録を行い、6月1日頃にビデオの
公開をさせていただく予定です。

 5月15日(金)までにお申込みをいただきますと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 早期申込割引価格が適用になります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

このところ、助成金といえば「雇調金」ばかりに注目が集まって
しまっていますが、そろそろ他の助成金にも目を向ける必要が
あるのではないでしょうか?

上述の通り、これからの雇調金はもはや「雇用の助成金」ではなく、
「労働者の所得を補償するための助成金」になってしまいます。

別の言い方をすれば、

 事業主が雇用環境の改善を行うためのものではなく、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 失業給付の手続を労働者の代わりに事業主が行うもの近い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

もちろん、それでも雇調金の申請代行をして欲しいというニーズは
あるでしょうが、

 それが本当に社労士が行うべきサービスなのかどうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

言葉を選ばずに言えば、

 それは「代書屋さんの仕事」ではありませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少なくても、私が目指している助成金ビジネスというのは、
そのようなものではありません。

前述の通り、私が考える助成金とは、

 事業主が雇用管理の改善を行い、
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 社員にとって「働きやすく働きがいのある職場環境」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 整備するためのツール
 ~~~~~~~~~~

であるべきだと思っています。

もちろん、雇用を維持するため、社員の所得補償をするために
雇調金の申請支援をするのは重要なことです。

しかし、そろそろ「助成金の本質」に改めて目を向けるべき時期
なのではないでしょうか?

まずは、本年度の助成金の最新情報を入手することから始めては
いかがでしょう?

 ★令和2年度「最新!使える助成金実務講座」
  https://www.joseikin-adviser.com/seminar-joseikin2020.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加