ただいまご案内をしている「給与計算ビジネス講座」ですが、
受付終了日を以下の通り設定させていただきました。

<5月17日(日)受付終了>

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

<5月31日(日)受付終了>

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

給与計算ベーシック講座では、特典として

 「給与計算のトレーニング用ソフト(エクセル版)」

をプレゼントしております。

また、アドバンス講座では、

 「報酬が1.5倍になる魔法の見積書」

 「変動データを管理するためのエクセルツール」

 「勤怠管理システムの導入事例紹介ビデオ」

が受講者特典になっています。

さらに、マスター講座を受講される方には、

 「シャフル給与計算ソフト体験版(4ヵ月間利用可)」

 「シャルフ給与計算ソフト利用マニュアル(オリジナル版)」

 「変動データ管理ツール(シャルフ給与計算ソフト用)」

 「シャルフ給与計算ソフト購入割引」

 「給与計算代行サービス利用権(利用料は別途)」

 「給与計算革命講座受講権(受講料は別途)」

などの超★豪華特典をプレゼントさせていただきます。

ただし、マスター講座はベーシック、アドバンスの各講座を修了
しないとご受講いただくことができませんので、ご注意下さい。

なお、「勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座」には、
特に受講資格はございませんので、どなたでもご受講いただく
ことができます。

こちらの講座を受講された方には、

 「Touch On Time 運用マニュアル(オリジナル版)」

をプレゼントさせていただきます。

お申込みは、こちらよりどうぞ。

<5月17日(日)受付終了>

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

<5月31日(日)受付終了>

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

ところで、緊急事態宣言の延長に伴い、専門家会議から

 感染拡大防止のための「新しい生活様式」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の具体例が示されました。

 ・外出時は症状がなくてもマスク着用

 ・人との間隔はできるだけ2メート空ける

 ・手は水とせっけんで30秒程度洗う

といった基本的なことから

 ・誰とどこで会ったかをメモする

 ・買い物は通販や電子決済を活用

 ・食事は横並びに座り、大皿を避ける

といった日常生活に関することまで、かなり細かな指示(?)
が出されています。

また、企業活動についても、

 ・テレワークや時差出勤などを継続

 ・仕事の会議や名刺交換はオンラインで

といったことを要請をしています。

すでに大手生命保険会社などでは、これまで対面営業が大原則
だった方針を転換して、ネットでの申込やテレビ会議での商談
を許可する方向を打ち出しています。

多くの企業でテレワークや在宅勤務が進んでいるのは、皆さんも
ご存知のことでしょう。

コロナ対策が長引くと、このような「新しい生活様式」が定着して、
企業で働く人たちの「意識」も変わってくるのではないかと考えて
います。

すでに、ビジネスパーソンの中には、

 「毎日毎日、満員電車に揺られて通勤する意味があるのか?」

 「在宅勤務でも全然OKじゃん!」

 「顧客との商談もZoomとチャットでいいんじゃね?」

と思っている人たちも多いのではないでしょうか?

重要なことは、「新しい生活様式」が定着すると、元には戻れない
ということです。

たとえば、在宅でも支障なく仕事ができるようになり、その方が
自分にとっても快適だと感じてしまった人は、毎日会社に通勤
することがバカバカしくなってしまう。(苦痛を感じる)

顧客との打合せもテレビ会議で十分だとわかったら、往復の時間と
交通費をかけてまで訪問する意味があるのか? と考えてしまう。

「便利さ」や「快適さ」を経験してしまったら、なかなか元には
戻れないというのが人間心理だと思います。

また、今回のような「不測の事態」に見舞われても、事業の継続が
できるような体制を整備するという意味でも、テレワークや在宅
勤務の推進は重要なテーマですね。

いわゆる「事業継続計画(BCP=Business Continuity Plan)」の
観点からも、こうした取り組みの推進が大事ですね。

東京都では、こんな奨励金もありますので、

  ★新型コロナウイルス感染症対策雇用環境整備促進奨励金
  https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/kansensyo/seibi-syorei/

コロナの状況が少し落ち着いたら、

 中小企業向けの「在宅勤務の導入コンサル」

というのも面白いビジネスだと思っています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加