ただしまご案内をしております「給与計算ビジネス講座」は、

 

 すべて「ビデオ講座」で開催することになりました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

昨日は、ビデオ講座の「メリット」と「デメリット」について
ご説明をした上で、双方を統合するための「ハイブリッド型」の
講座コンセプトについてお伝えをしました。

具体的には、今後開催する当社の講座は、

 情報(知識やノウハウなど)を伝える
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 講義部分に関しては「ビデオ」で公開し、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ワーク(演習)や質疑応答など
 ~~~~~~~~~~~~~~

 双方向のやり取りが必要な部分については
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ライブ講座」を開催してフォローする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というやり方にします。

しかし、ここで少し補足の説明をさせて下さい。

当社がこれから開催をする「ビデオ講座」というのは、

 これまでのようにライブで開催した講座を収録して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それをビデオ講座としてご提供するものではありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後の「ビデオ講座」に関しては、講座の設計コンセプトから
大幅な見直しを行います。

なぜなら、これまでのビデオ講座の「デメリット」を解消する
必要があるからです。

ライブで開催する講座であれば、受講者の方の理解度に応じて、
その場でフォローをさせていただくことができます。

しかし、ビデオ講座の場合には、受講者の方の反応がまったく
わかりません。

誤解を恐れずに言えば、

 ライブ講座の場合には、その場の雰囲気や講師の熱量で
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 何となく誤魔化してしまうこともできます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、ビデオ講座ではそういう訳には行きません。

きちんと説明資料を作り込んで、ひとつひとつの説明も丁寧に
しないと、なかなか理解をしてもらうことができないのです。

特に、給与計算ビジネス講座のようにソフトの操作方法などの
スキルをお伝えする講座の場合には、かなりの工夫をしなければ
なりません。

そこで重要になるのが、「資料の作り込み」です。
ビデオ講座の場合には、これが「生命線」かもしれません。

これが大変なので、当社はこれまでビデオ講座を開催することを
避けてきたのです。

しかし、幸か不幸か、今回はコロナの影響でこのような事態に
なってしまいましたので、思い切って「ビデオ講座」の開発に
踏み切る決断をしたのです。

まずは、こちらの講座からスタートします。

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

ちなみに、こちらの講座に関しては、講義部分はライブ講座を収録
したものですが、演習部分についてはビデオ講座用に再収録をして
おります。

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

今はまだ、試行錯誤の状態ですが、何となく手応えを感じています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加