昨日ご案内をさせていただきました通り、以下の講座については

 

 すべて「ビデオ講座」で開催することになりました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

ビデオ講座で開催する理由は、もちろんコロナの影響ということも
ありますが、それだけではありません。

ビデオ講座にすることで、以下の「メリット」があるからです。

<受講者のメリット>

 ・スケジュールの調整をする必要がない

 ・移動のための時間や交通費がかからない

 ・自分のペースで学ぶことができる

 ・わからないことは繰り返し再生することができる

 ・倍速再生することで時間がセーブできる

<主催者のメリット>

 ・会場代がかからない

 ・集客の心配をする必要がない

 ・一度収録をすれば、繰り返し使える

 ・労働集約型ビジネスから脱却できる(コンテンツ化)

 ・追加コンテンツを提供することができる

その一方で、ビデオ講座には「デメリット」もあります。

<受講者のデメリット>

 ・その場の雰囲気(臨場感)が感じられない

 ・リアルタイムで質問ができない

 ・教材を購入して安心してしまいビデオを観ない

 ・ワーク(演習)をやらない

 ・1人で学ぶことの孤独感

 ・講師や受講者と仲良くなれない

<主催者のデメリット>

 ・受講者の様子がわからない

 ・受講者からのフィードバックが得られない

 ・文脈や思いが伝わり難い

 ・受講者とのコミュニケーションがとり難い

 ・コンテンツや教え方が進化しない

このように、「ビデオ講座」として開催するというのは、
受講者の皆さんにとっても、当社にとっても、お互いに
メリットもあればデメリットもあるわけです。

では、このメリットを最大にし、かつデメリットを最小
にするためにはどうすれば良いのか?

そこで私が考え出したのが、「ハイブリッド型」です。

これは、

 「ビデオ講座」と「ライブ講座」を組み合わた講座
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

具体的には、

 情報(知識やノウハウなど)を伝える
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 講義部分に関しては「ビデオ」で公開し、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ワーク(演習)や質疑応答など
 ~~~~~~~~~~~~~~

 双方向のやり取りが必要な部分については
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ライブ講座」を開催してフォローする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というやり方です。

このやり方であれば、従来のビデオ講座のデメリットが
かなり解消できるのではないかと考えました。

ちなみに、「ライブ講座」に関しては、状況に応じて
「Zoom会議」+「チャットグループ」で対応することも
可能ではないかと思っています。

しかし、このような「ハイブリッド型」で講座を開催する
ためには、ひとつ大きな問題があるのです。

長くなりましたので、この続きは明日のメルマガで。

 ★給与計算ベーシック講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/basic.html

 ★給与計算アドバンス講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/advance.html

 ★給与計算マスター講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/master.html

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座(ビデオ講座)
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/kintai.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加