只今、こちらの講座のご案内をしています。

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座のご案内
  https://youtu.be/FRqJHczaC1Y

 本講座は5月16日(土)に開催予定ですが、状況によっては 
 ビデオ講座としてお届けする可能性があります。

昨日は、

 勤怠管理システムを「正しく導入できる」人(会社)が
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 圧倒的に不足している。
 ~~~~~~~~~~~

という話をしました。

たしかに、顧問先などに勤怠管理システムの導入をしている
社労士の方はいらっしゃいます。

しかし、多くの方たちは「紹介代理店」みたいな感じで、

 顧問先を紹介するだけでシステム会社に「丸投げ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 システムの導入によって紹介手数料をもらうのが目的
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になっているしまっているように感じています。

もちろん、私はそのような「ビジネス」を否定しているわけ
ではありません。

しかし、

 どうせなら「ちゃんと」導入をしましょうよ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言いたいだけなのです。

さらに付け加えるのなら、

 紹介手数料だけではもったいないですよ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 導入コンサルでしっかりと報酬をもらいましょう!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算もセットすれば高額顧問契約が獲得できますよ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを声を大にして言いたいのです。

ところで、私が考える「正しい勤怠管理システムの導入」とは、
次のような2ステップで行う方法です。

 第1ステップ: 勤怠管理制度の見直し

 第2ステップ: 勤怠管理システムの導入

おわかりですか?

 「勤怠管理システムの導入」の前に、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「勤怠管理制度の見直し」をするのがポイントです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その理由は、

 間違った勤怠管理のやり方をシステム化しても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 間違ったやり方を加速させてしまうだけ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

その昔、サラリーマンをしていた頃に上司に言われた
言葉を思い出します。

 馬鹿にターボエンジン(古っ)を付けても、

 
 馬鹿が加速するだけだ!

「正しい勤怠管理システムの導入方法」を学びたい方は、
ぜひこちらの講座をご受講下さい。

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座のご案内
  https://youtu.be/FRqJHczaC1Y

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加