昨日公開した、こちらのビデオはご覧いただきましたでしょうか?

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座のご案内
  https://youtu.be/FRqJHczaC1Y

本講座は、「給与計算ビジネス講座」のラインナップに今年から
加わったニューフェイスです。

ご存知の通り、給与計算業務と勤怠管理は非常に密接な関係が
あります。

これまで給与計算に手を出してこなかったという人の中には、

 
 タイムカードの集計が面倒くさい!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

という方が少なからずいらっしゃいます。

紙のタイムカードをバサッと渡されて、労働時間の集計から
やらされた経験がある方も多いのではないでしょうか?

しかし、

 労働時間管理というのは会社の責任で行うべきものですから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 社労士事務所で集計をして労働時間を計算してはいけません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

タイムカードというのは、あくまでも「出社」「退社」の時刻
(つまり会社にいた時間)を記録してあるだけで、そのうちの
何時間を労働時間として認定するのかは会社の責任で行うべき
ことです。

ましてや、

 「毎日30分未満は切り捨て」などといったローカルルールで
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 残業時間を計算するなんてことは、たとえ顧客からの指示で
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あったとしても絶対にやってはいけないことです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、労基法の改正により今年から中小企業でも労働時間の
上限規制が行われるようになしましたので、労働時間管理を
徹底する必要性が高まっています。

さらに、昨年から有給休暇付与の義務化が行われていますので、
会社としては労働時間だけでなく有給休暇の管理もしなければ
ならなくなっています。

その一方で、現在では

 安価で導入できるクラウド型の勤怠管理システム
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

がどんどん普及しております。

以上のことから考えて、今や中小・零細規模の会社においても、
勤怠管理システムを導入するのが必須と言えるのです。

しかし、中小・零細規模の企業に対して、

 勤怠管理システムの導入支援ができる人(会社)というのは
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 圧倒的に不足している
 ~~~~~~~~~~

という現実あります。

そこでこのたび、こちらの講座を開催することにしたのです。

 ★勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座のご案内
  https://youtu.be/FRqJHczaC1Y

なぜ、社労士が勤怠管理システムの導入支援をするのか?

その理由については、明日以降のメルマガでご説明をしていきます。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加