ただいま、「給与計算ビジネス講座」のご案内をしております。
これまで以下のビデオをお届けして参りました。

 ★給与計算ビジネス講座の体系(2020年版)
  https://youtu.be/9zYl-PDJPlI

 ★給与計算ベーシック講座
  https://youtu.be/yWaNpLIRJxI

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

「給与計算ビジネス講座」に関して、さらに詳しい情報を入手
したいという方は、以下のページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

当社ではこれから、

 社労士事務所専門の給与計算代行サービス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を開始します。

しかし、残念ながら、

 当社が無条件でがすべての社労士事務所からの
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 代行サービス依頼を受けるわけではありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サービスを提供させていただくのは、当社が開催する

 「給与計算ビジネス講座」の受講者限定
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とさせていただきます。

その理由は、まずはあなたの事務所に「儲かる給与計算
ビジネスのやり方」を学んでいただく必要があるからです。

たとえば、講座を受講して「儲かる給与計算のやり方」を
マスターすると、

 社員1人あたり月額2,500円
 ~~~~~~~~~~~~
 
 社員30名の会社の場合には月額75,000円
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で給与計算を受託できるようになります。

一方、当社がご提供する給与計算代行サービスの料金は、
原則として、

 社員1人あたり月額1,000円
 ~~~~~~~~~~~~

 社員30名の会社の場合には月額30,000円
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を想定しています。
 

ということは、あなたの事務所は

 顧客からは75,000円で受託して、
 ~~~~~~~~~~~~~~

 当社に30,000円で外注するので
 ~~~~~~~~~~~~~~

 差し引き45,000円の利益
 ~~~~~~~~~~~ 

ということになります。

それだけではありません。

上記の価格(社員1人あたり月額2,500円)には、手続業務は
含まれておりませんので、手続き業務をセットすると

 月額顧問料は10万円以上になります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということは、

 当社に給与計算を外注することによって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あなたの事務所は月額7万円の顧問契約が獲得できる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

 どうです、悪くない話ではありませんか?

しかし、ここであなたには

 どうやったら、1人あたり月額2,500円なんて高額な単価で
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 給与計算を受託することができるんだ?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という疑問が湧いたのではないでしょうか?

なぜなら、

 通常の給与計算の場合には、
 ~~~~~~~~~~~~

 社員1人あたり月額500~1000円というのが相場
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

「儲かる給与計算」の秘密について知りたい方は、ぜひこちらの
ページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

あなたはまだ、自分で給与計算をやり続けますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加