ただいま、「給与計算ビジネス講座」のご案内をしております。
これまで以下のビデオをお届けして参りました。

 ★給与計算ビジネス講座の体系(2020年版)
  https://youtu.be/9zYl-PDJPlI

 ★給与計算ベーシック講座
  https://youtu.be/yWaNpLIRJxI

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

「給与計算ビジネス講座」に関して、さらに詳しい情報を入手
したいという方は、以下のページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

本日は、

 「私が社労士事務所向け給与計算サービスを始める理由」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてお伝えしたいと思います。

「給与計算」というと、どうしても実務的な話が中心になって
しまいますので、少し「大局的な視点」からお話をしますね。

私は、

 「社労士事務所の最終形態(あるべき姿)」は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中小企業における「外部の人事部長」のポジション
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を獲得することだと考えています。

これまでのような「手続屋さん」の延長では、生き残ることが
できないと思っているからです。

しかし、この「外部の人事部長」なるコンセプトを、中小企業の
経営者にすぐに理解していただくことは難しいのです。

 「外部の人事部長って、何をしてくれるの?」

という話になってしまいますからね。

だから、まずは「わかり易く、必要性のあるサービス」を
フロントエンド商品として提示しなければなりません。

それが「給与計算」ということです。

もちろん、その後にさまざまな「オプション契約」を少しずつ
追加することで、最終的には「外部の人事部長」のポジション
を獲得するという作戦です。

つまり、最終ゴールを「外部の人事部長」に置くのであれば、

 社労士にとって給与計算というのは
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 「手段」であって「目的」ではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

私は「社労士事務所の経営コンサルタント」として、、
皆さんがこれから「外部の人事部長」として活躍できるように、
「コンテンツの開発」や「仕組みの構築」をして行きます。

そのために、「EX人事部」という商標の出願もしています。

しかし、この構想(妄想?)を実現させるためには、ひとつ
大きな問題がありました。

それは、

 「給与計算業務はやりたくない」という人がいる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、

 「職員を雇いたくない(1人で気楽にやりたい)」

 「時間や納期に追われるのがイヤ」

 「ミスをすると怒られる」

 「パソコン操作が苦手」

というのがその理由です。

もちろん、「給与計算業務に取り組むかどうか?」は、
人それぞれの選択です。

なので、私がとやかく言う話ではないと思います。

でも、

 これからの社労士は、給与計算業務に取り組まないと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ビジネスとしての可能性を狭めてしまう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということは間違いありません。

そこで私は考えました。

 「もし、業務をすべて丸投げできるところがあれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算に取り組む社労士が増えるのではないか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

このようにして生まれたのが、こちらのサービスです。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

「給与計算代行サービス」にご興味がある方は、ぜひ上記の
ページをご覧下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加