ただいま、「給与計算ビジネス講座」のご案内をしております。
これまで以下のビデオをお届けして参りました。

 ★給与計算ビジネス講座の体系(2020年版)
  https://youtu.be/9zYl-PDJPlI

 ★給与計算ベーシック講座
  https://youtu.be/yWaNpLIRJxI

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

「給与計算ビジネス講座」に関して、さらに詳しい情報を入手
したいという方は、以下のページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

冒頭でもお伝えをしております通り、コロナの影響もあり現在は
「雇調金」の申請ニーズが急激に高まっています。

これから、さらなる要件緩和や申請手続の簡素化が行われる
ようですので、この勢いはさらに加速することは確実です。

もちろん、売上が激減して困っている中小・零細規模の企業の
支援をすることは、とても大事なことです。

しかし、同時に社労士として「ビジネスの視点」を持つことも
重要なポイントになります。

雇調金の依頼が殺到しているからといって、あなたの事務所で
すべての企業の支援ができるわけではありませんからね。

中には怪しい会社もあって、不正受給トラブルに巻き込まれて
しまうリスクもあります。

そこで、私が今お勧めしているのが、

 雇調金の申請と給与計算顧問をセットで受託する方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

給与計算をベースとした顧問契約をしていただている企業であれば、
私たちも勤怠管理や労務管理の状況もきちんと把握していますので、
適正かつタイムリーに雇調金の申請をすることができます。

ところで、このようなお話をしていたら、

 雇調金を入口に給与計算を受託するというのはわかるのですが、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ひとり事務所ではそんなに多くの給与計算を受託できないと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 思うのですが、そのことについてはどのようにお考えですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というご質問をいただきました。

たしかに、その通りですね。

しかし、私が上記のような「戦術」をお勧めしている背景には、
これからの社労士事務所はこうあるべきという確固たる「戦略」
があるのです。

(この話は長くなりますので本日は割愛しますが・・・)

また、その戦略を前提にしてビジネスの展開をするのであれば、

 「これからの社労士事務所の経営は一人ではできない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とも考えています。

もちろん、これは私の個人的な考えですから、これがすべてという
つもりは毛頭ございません。

ただ、ご質問された方があくまでも「ひとりで事務所を経営」する
という前提で考えるのであれば、私がお伝えしているのとは別の
作戦を考えなければならないということです。

つまり、今回の「雇調金バブル」を入口に、

 どのようなビジネスに落とし込むのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そのためのビジネスプロセスをどのように設計するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを真剣に考える必要があるということ。

でも、ご質問された背景には、もしかしたら、

 給与計算やらなければならないのは理解しているけど、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 職員を雇うと経費がかかるので、それが心配だ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という「悩み」があるのかもしれませんね。

よく、「卵が先かニワトリが先か?」という議論がありますが、

 給与計算をたくさん受託したら職員を雇うのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算をたくさん受託するための職員を雇うのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みたいな感じでしょうかね。

たしかに、これは難しい問題だと思いますが、これこそがまさに
経営者としての「決断」ではないかと考えています。

「給与計算アドバンス講座」では、そんな経営的なお話も
させていただきたいと思っています。

「ビジネスの視点で考える給与計算」というのは、そういう意味
なのですから。

給与計算ビジネス講座の詳細&お申込みはこちら。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加