ただいま、「給与計算ビジネス講座」のご案内をしております。
これまで以下のビデオをお届けして参りました。

 ★給与計算ビジネス講座の体系(2020年版)
  https://youtu.be/9zYl-PDJPlI

 ★給与計算ベーシック講座
  https://youtu.be/yWaNpLIRJxI

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

「給与計算ビジネス講座」に関して、さらに詳しい情報を入手
したいという方は、以下のページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

昨日は、

 「職人技としての給与計算 VS ビジネスとしての給与計算」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の違いについてお伝えをしました。

実務ができる人に限って、何でもできてしまうので、
顧客の要望をすべて引き受けてしまい、結果として

 忙しいばかりで儲からないビジネスになってしまっている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という「悲しい現実」があります。

もっと言えば、「料金設定がいい加減」なのです。

たとえば、

 基本料金2万円+社員1人あたり500円
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

みたいな「ざっくりした金額」で給与計算を受託している人が
非常に多いということ。

まぁ、この価格設定の是非は横に置いておいたとしても、

 この料金に何が含まれて、何が含まれていないのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが明確になっていないということが問題なのです。

 たとえば、「賞与の計算」は含まれているのか?
 あるいは、「年末調整」はやるのかやらないのか?

そういうことを、ひとつ一つ決めておかないと、

 「えっ、それも料金に含まれているんじゃないの?」

と言われてしまって、結局は「タダ働き」をさせられてしまう
という結果になってしまうパターンに陥ってしまいます。

ですから、

 給与計算を「ビジネス」として考えた場合には、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 業務の範囲(含まれるもの、含まれないもの)を明確にして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 サービス内容に見合った価格で契約をしなければなりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、そのために必要となるツールが「見積書」です。

でも、給与計算を受託する際にきちんと「見積書」を提示している
社労士は本当に数えるほどしかいないのです。

 その理由は、見積書の作り方を知らないからです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

考えてみれば、給与計算講座に参加すれば「実務」のやり方は
教えてくれるかもしれませんが、

 「見積書の作り方」は教えてくれませんからね。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、見積書を提示する効果は絶大です。

 これまで「給与計算アドバンス講座」を受講されて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「見積書の作成ノウハウ」を学んいただいた方たちは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算の受注単価が平均で1.5倍になっている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事実があります。

だから、私はこれを「魔法の見積書」と呼んでいます(笑)。
あなたも、この「秘密兵器」を手に入れませんか?

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

コロナ対応のため、今回は「ビデオ講座」として開催します。

講座の詳細&お申込みはこちら。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加