ただいま、「給与計算ビジネス講座」のご案内をしております。

コロナの影響で、予定していた講座を「ビデオ受講」または
「日程変更」で対応をさせていただいていることは、すでに
ご案内の通りです。

ところで、給与計算ビジネスに関しては、これまで以下の
ビデオをお届けしましたが、ご覧いただきましたでしょうか?

 ★給与計算ビジネス講座の体系(2020年版)
  https://youtu.be/9zYl-PDJPlI

 ★給与計算ベーシック講座
  https://youtu.be/yWaNpLIRJxI

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

「給与計算ビジネス講座」に関して、さらに詳しい情報を入手
したいという方は、以下のページにご登録下さい。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

ご登録をいただきますと、以下のご案内&情報をお届けします。

 ・給与計算ベーシック講座

 ・給与計算アドバンス講座

 ・給与計算マスター講座

 ・勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座

 ・給与計算代行サービスに関するご案内

 ・給与データ活用講座の予告編ビデオ

 ・給与計算革命講座の予告編ビデオ

さて、昨日に引き続き、本日も「給与計算アドバンス講座」に
ついてお伝えをしたいと思います。

この講座は、私が給与計算ビジネス講座のラインナップの中で、
一番重要だと思っている講座です。

なぜなら、

 給与計算業務を「正しく受託」するための、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 提案方法や契約方法についてお伝えする講座
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

給与計算サービスを「忙しいばかりで全然儲からない仕事」に
してしまっている最大の原因は、提案方法や契約方法にあると
私は考えています。

たとえば、以下のようなことはありませんか?

 ・業務範囲を明確にしていないので、何でもかんでも
  押し付けられてしまう

 ・締日と支払日が近いので(20日締の25日払いなど)、
  スケジュールがタイト

 ・歩合給などの変動給、複雑な計算がある

 ・入社してから3ヵ月間は社会保険に加入させない、
  といったその会社特有のローカルルールがある

このような給与計算を受託してしまうと、

 10社受託をすると10通りの給与計算をしなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことになってしまい、事務所としての業務効率が非常に悪く
なってしまいます。

会社ごとにやり方が違うと、当然「ミス」が発生する原因
にもなります。

では、なぜこのような受託の仕方をしていまうのかというと、

 「ウチの会社の給与計算は今こうやっているので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そのままのやり方で引き受けてくれませんか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という顧客の要望をそのまま受け入れてしまっているから
なのです。

つまり、

 「給与計算の提案・契約方法」に問題がある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

そんな方にぜひご受講いただきたいのが、こちらの講座です。

 ★給与計算アドバンス講座
 https://youtu.be/MRwbehkaLXU

コロナ対応のため、今回は「ビデオ講座」として開催します。
詳細&お申込みはこちら。

 ★給与計算代行サービス&給与計算ビジネス講座のご案内
  http://seminar.zenshuren.net/2020kyuyo/opt.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加