昨日公開したビデオはご覧いただきましたでしょうか?

 ★業界初!社労士向け給与計算代行サービスとは?
http://em-tr261.com/L71358/v527/46041

自分で言うのも何ですが、これはかなり「画期的なサービス」
ではないかと思っています。

 これからの社労士は、
 ~~~~~~~~~~

 給与計算をやらなければ生き残ることができない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまでずっと、私はこのことをお伝えし続けてきました。

折しも、今回のコロナ騒動(雇調金のニーズ爆発)によって、
そのことが証明されつつあります。

しかし、給与計算をやることの重要性は理解しても、実際に
社労士事務所のサービスとして給与計算に取り組むためには、
いくつかの障害がありました。

最大の障害は、「職員を雇わなければならない」ということでは
ないか思います。

職員を雇うということは、「ひとり事務所」から脱却することを
意味します。

すなわち、それは「組織化」をするということです。

組織化をするとなると、

 「人件費(お金)」や「マネジメント(人間関係)」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の問題が発生することになります。

 職員の給与を支払うと自分の収入が減ってしまい、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そのためにまた新規の顧客を開拓しなければならない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 一生懸命に教育をして、やっと一人前になったと思ったら、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 職員が辞めてしまう。
 ~~~~~~~~~~

あなたも、そんな苦い経験をしたことがあるかもしれませんね。

ですから、給与計算に取り組むことができない人の頭の中には

 「給与計算=職員を雇う=面倒くさい」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という方程式が出来上がってしまっているのだと思います。

その気持ちも、わからないではありません。
しかし、今やそんなことを言っている場合ではないのです。

ここであなたに質問があります。

 あなたの事務所で職員を雇わなくても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算業務を受託できる方法あったらどうでしょう?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな画期的なサービスを始めます。

  ★業界初!社労士向け給与計算代行サービスとは?
http://em-tr261.com/L71358/v527/56041

詳細につきましては、明日公開をさせていただきます。
どうぞ楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加