ただいま、「給与計算ビジネス」についてお伝えをしております。

これまで以下のビデオをお届けしましたが、ご覧いただきました
でしょうか?

 ★本当は儲かる給与計算ビジネス
  http://em-tr261.com/L71358/v527/86001

 ★社労士が給与計算を行うメリットとは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/96001

上記のビデオをご覧になった方は、社労士事務所が『給与計算
に取り組むべき理由』や『給与計算を行うメリット』について
十分にご理解をいただけたことと思います。

しかし、ビジネスとして給与計算に取り組み『儲かるサービス』
として提供できるようになるのは、残念ながらそんなに簡単な
ことではありません。

なぜなら、そこにはクリアしなければならない “5つの壁” が
あるからです。

 <第1の壁> 実務の壁

 当たり前ですが、給与計算サービスを提供するためには、
 給与計算の実務ができなければなりません。

 しかし、これまで給与計算をやったことがない人が、実務を
 マスターすることは決して簡単なことではありません。

 その理由は、『給与計算のやり方』と『給与計算ソフトの
 操作方法』の2つのことを同時に学ばなければならないから
 です。

 『ソフトの操作方法』はソフト会社が教えてくれますが、
 ソフト会社は『給与計算のやり方』は教えてくれません。

 だから、給与計算の実務をマスターすることが難しいのです。

 給与計算の基本を知らずに給与計算シフトの操作方法だけを
 マスターしても、正しい給与計算はできるようにはならない
 のです。

 <第2の壁> イレギュラー処理の壁

 給与計算の基本実務ができても、それだけでは十分とは
 言えません。なぜなら、給与計算には必ずイレギュラー処理
 があるからです。

 たとえば、次のような業務です。

 ・扶養の変動(結婚、出産、子の就職など)
 ・手当の変動(通勤手当、役職手当など)
 ・標準報酬額の変更(月額変更など)
 ・介護保険の該当者チェック(40歳到達者)
 ・産前産後、育児休業(保険料の免除など)
 ・賞与計算(通常はオプション契約)
 ・年末調整(通常はオプション契約)

 こうしたイレギュラー業務がきちんとできて、
 はじめてビジネスとしての給与計算サービスが提供できる
 ことになります。

 しかし、すべてのイレギュラー処理を経験するまでには
 かなりの時間を要します。

 独学で給与計算の実務を完璧にマスターしようと思うと、
 通常は2~3年の現場経験が必要になるでしょう。

 <第3の壁> 業務効率化の壁

 第3の壁とは、給与計算の「提案方法」や「契約方法」
 のことです。

 ほどんどの社労士事務所は、顧客から言われたままの
 やり方で給与計算を受託してしまっています。

 歩合給などの『変動給の計算』や『経費や貸付金などの精算』
 など、その会社独自のルールでやっている給与計算をそのまま
 引き受けてしまっているのです。

 これが大きな間違いです。

 このようなやり方で給与計算を受託してしまうと、10社受託
 すると10通りのやり方で給与計算を行わなければなりません。

 これでは非常に効率が悪いですし、計算ミスが生じる原因にも
 なります。

 ビジネスの視点で考えた場合には、このような条件で契約を
 してはいけません。

 しかし、残念ながら、ほとんどの社労士事務所ではここが
 できていないのです。

 経験が豊富で給与計算の実務に自信を持っているほど、
 このような非効率な条件で給与計算を受託してしまう傾向に
 ありますので、注意が必要です。

 <第4の壁> 差別化の壁

 第3の壁までクリアできれば、あなたの事務所の給与計算は
 相当に収益性の高いサービスになっているでしょう。

 しかし、本当の意味での『儲かる給与計算ビジネス』を
 目指すためには、まだ突破しなければならない壁が残って
 います。

 それは、差別化の壁です。

 給与計算(明細書の発行業務)というのは、どこに依頼を
 しても 結果はまったく同じになります。

 依頼する業者によって、 給与の金額が違ってはおかしな
 話ですからね。

 しかし、どこに依頼をしても結果が同じということであれば、
 最終的には値段の安いところに流れて行ってしまいます。

 それが市場原理というものです。
 つまり、価格競争に巻き込まれてしまうということです。

 そうならないためには、ライバルとは違う付加価値(差別化
 ポイント)を付けなければなりません。

 <第5の壁> 単価アップの壁

 最後に残るのは、単価アップの壁です。

 ライバル事務所との差別化は値下げ防止には役には立ちますが、
 単価アップをさせるまでには至らないでしょう。

 給与計算の単価アップを実現するためには、競合との圧倒的な
 差別化ポイントがなければダメなのです。

 別の言い方をすれば、顧客が『お願いですから給与計算を
 やって下さい』と言って頭を下げるほどのメリットをあなたの
 事務所が提供できるかどうかです。

 そこまで出来て、本当の意味での『儲かる給与計算ビジネス』
 が実現します。

実は、ほとんどの人がこの”5つの壁”の存在を知りません。

すでに給与計算の実務ができる人は、『第1の壁』『第2の壁』は
クリアしているのですが、その先にまだ壁があることを知らない
のです。

だから、実務ができることに満足をしてしまい、結果として

 『第3の壁』の落とし穴に陥ってしまっている人が多い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のだと、私は考えています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加