昨日より、給与計算ビジネスについてお伝えをしております。
こちらのビデオはご覧いただきましたでしょうか?

 ★本当は儲かる給与計算ビジネス
  http://em-tr261.com/L71358/v527/95991

実は、このビデオは以前にも公開したことがあります。
このビデオを通じて私がお伝えしたいことは、

 「ビジネスとしての給与計算」ができているか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

具体的には、次のような条件を満たしているかどうか? です。

 ・受託業務と報酬のバランスが取れているか?

 ・ライバル事務所と差別化できるポイントがあるか?

 ・単価アップを図る仕組みがあるか?

 ・組織として業務を行う体制(役割分担)ができているか?

 ・職員の教育やマネジメントができているか?

このような条件をきちんと満たし、ビジネスとして給与計算が
できている社労士事務所は、極めて少ないのが現状だと思います。

それが証拠に、

 「給与計算業務は忙しいばかりで儲からない・・・」

と愚痴をこぼしている事務所がなんと多いことか。

そのような事務所は、

 「給与明細書の発行業務としての給与計算」はできても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ビジネスとして正しい給与計算のやり方」を知らない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のではないかと思っています。

ですから、私は定期的に「給与計算ビジネス講座」を開催して
「儲かる給与計算のやり方」をお伝えしているわけです。

偶然にも今は、コロナウィルスの影響で「雇調金の申請ニーズ」が
高まっていますので、そこから次の展開として給与計算業務を
顧問契約とセットで提案しましょう、という話の流れになって
しまっていますけど・・・・。

しかし、今回の騒動がなかったとしても、私はかねてより事ある
ごとに給与計算の重要性についてお伝えをしてきたつもりです。

ここで改めて、社労士が給与計算業務を行うメリットについて
確認しておきましょう。(こちらのビデオをご覧下さい)

 ★社労士が給与計算を行うメリットとは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/105992

ところで、私が言うとことの「儲かる給与計算」を実践するためには、
越えなければならない「5つの壁」があることをご存知ですか?

明日は、その話をさせていただきますね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加