こちらの講座の受付は、明日(13日)で終了します。

 ★社労士のためのSDGsコンサルタント養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/55881

 ★山本先生との対談ビデオ(全3回)の一括視聴ページ
  http://em-tr261.com/L71358/v527/65881

昨日ご案内しましたこちらのビデオはご覧になりましたか?

 ★SDGsコンサル講座(ベーシック)ダイジェスト版
 http://em-tr261.com/L71358/v527/75881

 ・山本先生の自己紹介

 ・ベーシックコースの目的

 ・なぜ、社労士がSDGsに取り組むのか?

 ・政府の「SDGs実施指針」の8分野とは?

 ・働き方改革とSDGsの関係

 ・社労士が関与できるSDGsのゴール9分野

 ・SDGsの支援をするための8つのポイント

これは先日(3月8日)に開催した講座の一部を編集したものです。
かなり具体的な内容を公開しておりますので、

 本日より3月13日(金)までの3日間限定公開
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とさせていただきます。

3月14日(土)になりましたら、ビデオを消去しますので、
ご興味のある方はそれまでに必ずご覧になっておいて下さい。

さて、本日は「情報提供とは双方向のコミュニケーション」という
テーマについてお伝えしたいと思います。

コロナウィルスの影響による経営問題に対して、

 私たちが今やるべきことは、徹底的な情報提供である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを繰り返しお伝えをしています。

しかし、多くの社労士の方の行動を見ていると、

 本当の意味での情報提供になっていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを感じています。

その理由は、「顧客からの質問に回答をしているだけ」になって
しまっている人が多いからです。

別の言い方をすると、

 顧客から質問があれば回答するけど
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

 質問されない限り何もしていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~

という人が殆どだということです。

一方、私が考えている情報提供とは「双方向のコミュニケーション」
をイメージしています。

ですから、まずはこちらから積極的に情報の発信をしなければ
なりません。

なぜなら、

 顧客はどんな相談をすれば良いのかわかっていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

ですから、こちらが「呼び水」になるような情報の提供をする
必要があるのです。

あるいは、

 「誰に」相談をすれば良いのかということがわかっていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というケースもあるでしょう。

そのような場合には、「何かお困りのことはありませんか?」という
質問を投げかけてあげて下さい。

たとえば、それが「資金繰り」のことであれば、私たちの専門分野
ではありませんが、

 「緊急対策の融資制度があるみたいですから、銀行や役所に相談

  したらどうですか?」

というように相談先を教えてあげるだけでもOKだと思います。

こんな時期ですから、できれば訪問をして、訪問が難しければ電話や
Zoomでも良いので、社長と直接話しをすることがポイントですね。

 あなたは顧問先に対してきちんと情報の提供ができていますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加