昨日は、中小企業であってもこれからはSDGsへの取り組みが
求められる、ということについてお伝えをしました。

SDGsが目指しているものは、

(1)地球の環境を守りながら

(2)すべての人が尊厳をもって生きられる社会と

(3)誰もが豊かな暮らしを継続的に営むことのできる経済

を実現させることです。

そのために、

 「17のゴール」

 「169のターゲット」

 「244の指標」

が設定されています。

それぞれの詳細については専門書に譲るとして、ここで私が
お伝えしたいことは、

 社労士にとってSDGsが大きなビジネスチャンスになる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

私たち社労士は、「年金」「医療」「介護」「雇用」「教育」
といった生活に密着した法律を扱う国家資格者です。

つまり、「生きること」「働くこと」などに関する仕事を
しているのが社労士です。

これをSDGsと結びつけると、

 ゴール3:すべての人に健康と福祉を

 ゴール4:質の高い教育をみんなに

 ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう

 ゴール8:働きがいも経済成長も

 ゴール10:人や国の不平等をなくそう

 ゴール16:平和と公正をすべての人に

 ゴール17;パートナーシップで目標を達成しよう

といったゴールと密接に関連した資格ということになります。

たとえば、税理士や会計士は「お金や税金の専門家」ですが、
SDGsのゴールとの関連性はあまりありません。

そういう意味では、

 数ある国家資格の中でも、
 ~~~~~~~~~~~

 SDGsビジネスと親和性が高いのが社労士資格
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言えるのです。

では、SDGsを活用して私たち社労士がどのようにビジネスを
展開すれば良いのか?

そのことをお伝えするために、以下のセミナーを開催することに
しました。

 東京、仙台、福岡、大阪、名古屋で開催!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 社労士がSDGsを活用してビジネスをする方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳しい内容は、27日(月)にご案内させていただきます。
どうぞ楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加