これまで、

 自社が求める人材に対して発信すべき「4つのメッセージ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてお伝えをしてきました。

会社は求職者に対して、以下の「4つの視点」から的確な情報を
発信することが求められています。

 ・「会社」の魅力

 ・「職場」の魅力

 ・「仕事内容」の魅力

 ・「待遇」の魅力

しかし、2020年版の求職者へのメッセージはこれだけでは十分では
ありません。

これからの採用活動においては、「第5のメッセージ」を発信する
必要があるからです。

それは何かというと、

 自社の「SDGs」への取り組みに関する情報発信
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

「SDGs(エスディージーズ)」とは、

 Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界の
リーダーによって決められた、2030年までに達成すべき国際社会
共通の目標です。

具体的には、「17の目標」と「169のターゲット」で構成されて
います。(詳細につきましては、以下のサイトをご覧下さい)

 ★国連のホームページ
 http://em-tr261.com/L71358/v527/65461

 ★外務省のホームページ
 http://em-tr261.com/L71358/v527/75461

こちらのサイトもかなり参考になります。

 ★環境省のホームページ(SDGs活用ガイド)
 http://em-tr261.com/L71358/v527/85461

最近では、スーツの胸にカラフルなSDGsのバッチ(カラーホイール)
を付けているビジネスパーソンも多く、かなりの盛り上がりを見せて
います。

SDGsの詳しい説明は上記のサイトに譲るとして、ここでは

 なぜ、SDGsが中小企業にとって重要なのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについて考えてみたいと思います。

結論から言いますと、これからの時代は

 SDGsに取り組まない企業は生き残ることができない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことになります。

なぜなら、「顧客」や「取引先」はもちろん、「株主」「金融機関」
といったステイクホルダーから評価されなくなってしまうからです。

最近、新聞や雑誌で大手企業が一生懸命に「SDGsへの取り組み」の
情報発信をしているのはそのためです。

このような話をしても、

 「でも、それって大企業だけの話じゃないの?」

 「中小企業にはそんなことをする余裕はないよ」

と思われる方も多いかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。

これからの時代は、

 中小あるいは零細規模の企業であってもSDGsへの取り組みが必須
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になります。

次回からは、その理由について述べていきたいと思います。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加