只今、「採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)」募集のための
オンライン説明会の受付を行っております。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)オンライン説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/85391

昨日は、「スクラム採用を導入するための6つのパーツ」に
ついてご説明をしました。

(1)採用環境の整備(求める人材の明確化、労働条件の整備)

(2)募集(求人票の作成、ハローワーク等への求人)

(3)選考(書類選考、面接、適正検査)

(4)契約(労働条件の明示、労働契約締結)

(5)外部への情報発信(採用ホームページの作成)

(6)社内での情報共有(社内説明会など)

これらの導入支援を顧問契約とセットで提供することで、
「採用支援顧問サービス」という新しい商品が出来上がります。

そうすることで、

 「新規顧問先の開拓」や既存顧問先の「単価アップ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を行うことができるのです。

しかし、顧客視点で考えた場合、「採用支援顧問」というのは
少しわかり難いサービス(商品)だと思います。

したがって、この採用支援顧問サービスを提案するためには、
何か別の「フロントエンド商品」が必要になります。

フロントエンド商品としては、「わかり易い」「必要性がある」
ものが適しています。

そこで、私たちが考えているのが

 「ハローワーク新求人システムへの対応サービス」

をフロントエンド商品にすることです。

1月よりハローワークの求人システムが刷新されて、

 ハローワークに求人を出しているすべての企業が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 新システムへの対応が求められています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、「必要性」があり、かつ「緊急性」も高いということ。

だから、これをフロントエンド商品にすることで、多くの見込客
を集客することが可能になります。

まずはその見込客に対して、

 ハローワーク「マイページ」のアカウント管理サービス

を提案します。

そして、次のステップで「採用支援顧問サービス」を提案する
という作戦です。

すなわち、

 フロンドエンド: ハローワーク新求人システムへの対応

 バックエンド: 採用支援顧問サービス

というセールスプロセスが作れるということです。

いつもお伝えをしている通り、ビジネスにはタイミングが大事です。
この作戦が使えるのは、おそらく今年の4月頃までだと思っています。

だからこそ、2月8日、9日に「採用支援顧問獲得実践塾」を開催する
ことにしたのです。

私たちと一緒に、このチャンスを掴みに行きませんか?

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)オンライン説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/95391

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加