只今、「採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)」募集のための
オンライン説明会の受付を行っております。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)オンライン説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/75381

昨日は、

小規模な企業こそ「スクラム採用」に取り組むべきである
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というお話をしました。

中堅・大企業では難しい「全社一丸となって取り組む採用」も、
社員50名未満の会社であれば比較的簡単にできるからです。

しかし、この「スクラム採用」を導入するためには、そのための
「仕組み」を社内に導入しなければなりません。

どういう仕組みを導入するのかについては、こちらのビデオで
詳しくご説明をしています。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)オンライン説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/85381

上記ページに設置してあるビデオを、7分22秒から再生して下さい。

私は採用活動を「募集」「選考」「契約」という3つのプロセスに
分けて考えています。

そして、この3つのプロセスのすべてに関わることができるのが、
顧問社労士としての「強み」なのです。

しかし、最近の採用活動は「情報発信型」になっていますので、
この「3つのプロセス」を整備するだけでは十分ではありません。

こうした自社の採用プロセスに関する「情報」を外部に向かって
積極的に公開することも求められています。

そのために必要となるのが、「採用専用のホームページ」です。

また、採用活動を「情報発信サービス」だと考えれば、

 「誰に」対して「どのような」情報を届けるべきか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが非常に重要なポイントになります。

そのためには、

 「求める人材像」を明確にする

 その人材にとって魅力的な「労働条件」を整備する

といったことも不可欠です、

ちなみに、私たちはこれを「採用環境整備」と呼んでいます。

それだけではありません。

本気で「スクラム採用」に取り組むのであれば、採用に関する
情報を外部に発信するだけでなく、社内でも共有する必要が
あるでしょう。

つまり、スクラム採用を導入するためには、以下のような
6つのパーツをすべて整備しなければならないのです。

(1)採用環境の整備(求める人材の明確化、労働条件の整備)

(2)募集(求人票の作成、ハローワーク等への求人)

(3)選考(書類選考、面接、適正検査)

(4)契約(労働条件の明示、労働契約締結)

(5)外部への情報発信(採用ホームページの作成)

(6)社内での情報共有(社内説明会など)

そして、これが社労士が顧問契約とセットで提供すべき
「採用支援顧問サービス」の内容になります。

これらのパーツをどのように整備するのかつについては、
こちらの実践塾でお伝えをします。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第3期生)オンライン説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/95381

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加