お待たせしました! 本日より募集を開始します。

 ★情報提供型助成金ビジネス実践塾(第1期生)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/125342

この実践塾のご案内に先立ち、これまで助成金ビジネスに関する
以下のビデオをお届けして参りました。

 ★社労士が労働集約型ビジネスから脱却する方法
  http://em-tr261.com/L71358/v527/135342

 ★情報提供型助成金ビジネス実践塾とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/145342

 ★情報提供型助成金ビジネスの内容
  http://em-tr261.com/L71358/v527/155342

本日は、最後のビデオをお届けします。

 ★情報提供型助成金ビジネスの受講料等について
  http://em-tr261.com/L71358/v527/165342

今回のビデオでは、ただいまご案内中の

 ★ソリューション型助成金ビジネス実勢塾(第1期生)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/175342

との関連性について詳しくご説明をさせていただいております。

本日よりご案内を開始した「情報提供型助成金ビジネス実践塾」は、
原則として、開業3年未満の方を対象としたプロジェクトです。

しかし、中堅・ベテランの方であっても、以下に該当する場合には
受講対象となります。

 ・これから助成金ビジネスに取り組みたい方

 ・助成金ビジネスからしばらく遠ざかってしまっている方

 ・成功報酬型助成金ビジネスに限界を感じている方

 ・労働集約型ビジネスから脱却を目指してコンテンツビジネスに
  取り組みたい方

要するに、「情報提供型助成金ビジネス実践塾」というのは、
開業社労士であればすべての方が対象になるということです(笑)。

なぜなら、「情報提供型」が助成金ビジネスの基本形だから。

まずは基本をマスターして、次のステップで「ソリューション型」
助成金ビジネスにチャレンジしていただきたいと思います。

 ★情報提供型助成金ビジネス実践塾(第1期生)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/185342

そして、「情報提供型」+「ソリューション型」の2つの助成金
ビジネスを組み合わせた、すなわち

 「情報提供型」で安定・継続収入を確保しながら
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ソリューション型」で収益性を高めていく
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ハイブリッド型の助成金ビジネス」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

がこれからの主流になると、私は考えています。

上記の「2階建て型助成金ビジネス」をイメージしながら、2020年は
まずは「情報提供型」に取り組まれることをお勧めします。

中堅・ベテランの方々は、今一度こちらのビデオをご覧下さい。

 ★社労士が労働集約型ビジネスから脱却する方法
  http://em-tr261.com/L71358/v527/195342

あなたはまだ、労働集約型の社労士ビジネスを続けますか?

ここから脱出するための第一歩は、「情報提供型助成金ビジネス」に
取り組むことではないかと思いますけどね。

 ★情報提供型助成金ビジネス実践塾(第1期生)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/205342

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加