2020年の社労士業界におけるビジネスチャンスについてお伝えを
しております。

昨日は、「労働時間関連ビジネス」にチャンスがあることを
お伝えをしました。

これに関連して、本日は

 未払い残業代対策コンサルティング
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

について考えてみましょう。

もちろん、労働時間管理というのは大事なことなのですが、
経営者の立場で考えた場合に、

 より深刻な問題はやはり「未払い残業代問題」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

典型的なパターンは、辞めた社員から未払い残業代の請求を
されるというもの。

その金額は、数百万円になります。
もちろん、これは1人あたりの金額です。

2人、3人が連名で請求してくると、

 1000万円を超える未払い残業代が請求される
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことも珍しくありません。

そして、この未払い残業代問題は、どんな会社であっても必ず
発生しているということ。

たとえば、毎日の残業時間を30分未満は切り捨てて計算するなんて、
どこの会社でもやっていることです。

しかし、これも明らかに未払い残業代が発生しています。
(社員が請求しないので問題になっていないというだけです)

あるいは、残業代を計算する単価が間違っているケース。

本来は残業単価の計算基礎に含まれるべき手当を、計算の基礎に
含めていないなどです。

先日問題になったセブンイレブンのように、割増率を間違えて計算
している場合もあります。

このような視点で細かくチャックすると、

 中小企業において未払い残業代が発生している確率は100%
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと私は考えています。

では、なぜこの未払い残業代対策が2020年のビジネスチャンスに
なるのでしょうか?

それは、

 未払い賃金の時効が来年4月から「5年」なる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

民法が改正されたことによって、未払い賃金の時効も「3年」に
なると言われていましたが、実際は「5年」になるようです。

どちらにしても、これまでの時効は「2年」でしたから、企業の
リスクは1.5~2.5倍になることは確実です。

ここを狙ってくる弁護士も増えてくるでしょうね。

来年も4月頃に、「未払い残業代対策コンサルティング講座」を
開催する予定ですので、このビジネスチャンスを捉まえたい人は
ぜひご参加下さい。

もちろん、未払い残業代対策のために賃金制度を見直す場合にも
助成金が活用できます。

その方法を知りたい方は、こちらの講座にご参加下さい。

 ◆ソリューション型助成金ビジネス実践塾(第1期生)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/55191

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加