今年も残りあと1週間となりました。
間もなく2020年がやってきます。

そこで、来年の社労士ビジネスについて大胆予測をしてみたいと
思います。

具体的には、

 どのような「ビジネスチャンス」があるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについて考えてみましょう。

まず最初に思い浮かぶのは、来年4月から中小企業にも導入される

 ★時間外労働のの上限規制(厚生労働省のサイト)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/25181

の問題です。

すでに今年4月からスタートしている

 ★年次有給休暇の時季指定(厚生労働省のサイト)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/35181

の問題とセットで考えるのであれば、中小企業においても

 「労働時間(有給休暇含む)の管理」をしっかりと行い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「長時間労働の是正」にも取り組まなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになるでしょう。

つまり、「労働時間関連ビジネス」にチャンスがあるということ。

前者については、「勤怠管理の代行」や「システムの導入」といった
ビジネスが考えられます。

そこから「給与計算ビジネス」につなげるというのも良いですね。

また後者については、「業務改善」や「生産性の向上」といった
コンサルビジネスがあります。

残業時間が減って残業代(経費)が削減できれば、そこから成功報酬
を受け取るようなビジネスもできるでしょう。

もちろん、こうしたコンサル提案には「助成金」を活用することが
できます。

たとえば、今年度、売れに売れた

 時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

は「働き方改革推進支援助成金」と名称が変わるものの、来年も引き続き
残る助成金ですし、これに

 人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を組み合わせることで、残業時間を減らすために新たに採用をした社員の
給与の一部が助成されることになります。

以上のように、2020年に予想される大きなビジネスチャンスのひとつには、

 助成金を活用した労働時間改善コンサルビジネス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が考えられるでしょう。

このような「ソリューション型の助成金ビジネス」に取り組んでみたい、
という方は、ぜひこちらのビデオをご覧下さい。

 ★ソリューション型助成金ビジネス説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/45181

明日より募集を開始します!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加