自分で言うのも変ですが、私は「時代の変化」に敏感です。

また、人よりもちょっとだけ「先を見通す力」があると思って
います。

そんな私が最近、何となく感じていることがあります

それは、

 「正しいこと」が受け入れらる時代になった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、私が今かなり力を入れて取り組んでいる「SDGs」。

これは、地球環境を守る、貧困や飢餓を撲滅する、多様性を認める、
公平公正な社会を実現する、といったような、

 ちょっと前なら「青臭い」と思われていたことです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、今はそれを正々堂々と積極的に、声に出して情報発信する
ことができるようになりました。

むしろ、そうすることが推奨されるような風潮になっています。

一方で、「経済合理性」や「お金儲け」ばかりに走る人(会社)には
冷たい視線が浴びせられるようになっているような気がします。

これは決して「貧乏人のヒガミ根性」ではなく、社会全体が成熟して
そちらの方向に向かって行っているのではないかと感じています。

たんなる私の個人的な意見(直感)ではありますが・・・。

もちろん、私はビジネスの世界に生きていますので、お金を儲けること
は大好きですし、そのこと自体を否定するつもりはありません。

しかし、必要以上の売上や利益を追い求めることが自分の理想かと
言われれば、そうではないことは明らかです。

また、自分の年齢(今年で56歳になりました)から考えても、
そろそろ「社会への恩返し」をしなければならない時期だとも考えて
います。

だからこそ、「社会貢献的な仕事」に惹かれるのかもしれませんね。
「SDGs」に取り込みはじめたのも、それが理由です。

ところで、先日テレビで「がっちりマンデー」を見ていたところ、

 「串カツ田中」がソース二度づけをOKにしたら儲かるようになった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事例を取り上げていました。

顧客対象をサラリーマンからファミリー層に転換したところ、売上が
アップしたという話です。

しかし、子どもはどうしても「ソース二度づけ禁止」を守ることが
できないので、それを解禁したということでした。

そこで気になるのが、

 残ったソースをどうしているのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということですが、なんと「廃棄」していると。

私はこの話を聞いて、正直「これってどうなの?」と首をかしげて
しまいました。

 ソースを廃棄することが、どれだけ環境に悪影響を与えるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことを考えていないのですかね?

だったら、容器に入れたソースを準備して、それをかけて食べるように
すれば良いだけなんじゃないんですかね?

そういう意見を述べる経営陣や社員は、誰もいなかったってことなの
でしょうか?

(テレビを見ての私の推測ですから、実際のところどのような処理を
しているのかについては、検証しておりません)

もし、「串カツ田中」が

 「環境を犠牲にしても会社が儲かればよい」

と考えているのだとしたら、私はそんなお店に行きたいとは思いません。

 あなたはどうですか?

そして、番組でこのような取り上げ方をしたTBSも良識が疑われます。

私は別に、アンチ「串カツ田中」ではありません。
ひとつの「事例」としてお話をしているだけです。

冒頭で私が「時代が変わった」と言ったのは、自分自身の考え方も
このように変化してきたからです。

 「儲かること」よりも「正しいこと」が受入れられる。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな時代になったと感じています。

ということで、「正しい助成金ビジネス」をやりましょうという話(笑)。

 ★ソリューション型助成金ビジネス実践塾(第1期生)説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84991

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加