昨日は、

 新人社労士は助成金ビジネスに手を出すべきではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という思い切った発言をさせていただきました。

もちろん、開業してすぐに助成金ビジネスに取り組んで大きな
成功を収めている人もいらっしゃいます。

でも、そういう人は「営業力」や「商談力」に長けており、
さらには顧客に対する「見極め力」がある人なのです。

別の言い方をすれば、

 「危ない顧客には近づかない」

 「顧客を深追いしない」

ということが本能的・直感的にできている人です。

なぜ、そんなことがができるのかと言うと、その人には見込客が
たくさんいるからです。

 「別にこの人じゃなくても、他を当たればいいや」

と思えるので、心に余裕があるのです。

しかし、営業力がない新人社労士は、目の前に見込客が現れると
それに飛びついてしまいます。

だから、業者と言われる人たちから業務提携の依頼があると、
その話に簡単に乗っかってしまったりします。

でも、それが「不幸への入り口」だったりするわけです。

たしかに、彼らは見込客を連れてきてくれます。

しかし、それは「彼らにとって都合のよい見込客」であって、
「社労士にとっての優良な見込客」ではありません。

だって、

 雇用保険に入っている社員が1人でもいて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 労働保険料の滞納がなければ、必ず助成金が受給できます
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みたいなセールストークで営業してるのですからね。

そのような「甘い言葉」に惹かれて集まってくる会社なんて、
結局のところレベルが知れています。

挙句の果てには、「奴隷契約とも思えるような最悪な条件」で
業者の下請仕事をさせられてしまうのですから・・・。

だから私は、

 新人社労士は助成金ビジネスに手を出すべきではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言っているのです。

そういえば先日、私のところにもある業者から業務提携の依頼が
来ました。

そんな時、あなたならどうしますか?

参考までに、私が返信したメールを公開させていただきます。
(以下、原文のママ)

____________________________________________________________

ご連絡ありがとうございます。

私どもが展開してるのは「ソリューション型助成金サービス」で、

 顧客の人事労務管理上の問題を、
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 助成金を活用してコストをかけずに解決する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というコンセプトです。

ですから、原則として、顧客サイドにはお金は残りません。

また、助成金を受給するための前提条件である「適正な人事
労務管理」を重視しており、受託にあたっては「受給環境診断」
を実施させていただいております。

事前診断において、

 ・法定帳簿(36協定含む)が整備されていない

 ・残業代が適正に支払われていない

 ・社会保険の未加入がある

といった問題点が見つかった場合には、その案件は受注しない
方針で対応をさせていただいております。

また、基本的には、助成金のサービスを提供させていただくため
には、顧問契約をしていただくことが前提となります。

上記のようなコンセプトで事業展開をしておりますので、

 「申請手続だけスポット契約で対応して欲しい」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 といったご依頼には対応をしておりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

貴社のサイトを拝見すると、「キャッシュフローの改善」のために
助成金をご提案されているようですので、私どものサービスでは
お役に立てないのではないかと拝察いたします。

以上、取り急ぎお返事をさせていただきます。

_______________________________________________________________

もちろん、それからはまったく音信不通になりました(笑)。

ここで私がお伝えしたいことは、

 すべての社労士が
 ~~~~~~~~

 悪徳業者からの提携依頼に「ノー」と言えるようになれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 助成金ビジネスも正しい方向に向かうはずだ、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

私たちと一緒に、「正しい助成金ビジネス」を普及させませんか?

 ★ソリューション型助成金ビジネス実践塾(第1期生)説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94971

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加