ただいま、

 ★ソリューション型助成金ビジネス実践塾(第1期生)説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94961

のご案内をさせていただいております。

しかし、この「実践塾」は開業3年以上の中堅・ベテラン社労士
限定のコミュニティーになりますので、

 新人社労士の方は参加することができません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜ、このような制約を設けたのかというと、私は

 新人社労士は助成金ビジネスに手を出すべきではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と本気で考えているからです。

平成の時代までは、「開業したらまずは助成金で稼ぐ」というのが、
ある意味で社労士業界のセオリー(成功パターン)でした。

しかし、もはやそういう時代ではなくなってしまいました。

その理由は、最近の助成金申請においては、法定帳簿の整備や
労働時間管理、給与計算、就業規則などに関するチェックが
非常に厳しくなっているからです。

つまり、

 適正な労務管理指導ができないと助成金の申請はできない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

これは、別の言い方をすれば、

 たとえば、新規の顧客と商談をする場合に、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その会社が適正な労務管理をしているかどうかを、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 瞬時に判断できる知識やスキルが求められる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

あるいは、法令を遵守していない企業からの助成金業務の依頼を
やんわりと断る「交渉力」や「商談スキル」が必要になります。

このような「知識」や「スキル」「交渉力」などが不足していると、
「スジの悪い顧客」に振り回されてしまい、

 最悪の場合には不正受給に手を染めることになりかねません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はこれまで、このパターンで失敗をしてしまった新人社労士を、
嫌というほど見てきました。

しかも、中堅・ベテランの社労士であれば、この事実に気づいて
いるはずなのに、そのような助言をしていくれる人は誰もいない
ようです。

だから、私が言わせていただきます。

 新人社労士は助成金ビジネスに手を出してはいけません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新人社労士は、そろそろこのことに気づくべきでしょうね。

しかし、私は「助成金ビジネス」そのものを否定しているわけでは
ありません。

むしろ、中堅・ベテラン社労士はもっと積極的に助成金ビジネスに
取り組むべきだと考えています。

そのために、これから「新しいコミュニティー」を作ります。
ご興味のある方は、ぜひ説明会にお越し下さい。

 ★ソリューション型助成金ビジネス実践塾(第1期生)説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104962

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加