このところ、「開業ネタ」についてお伝えをしております。

昨日は、

 「見込客と会って商談をしないと契約は獲得できない」

という「当たり前のこと」についてお伝えをしました。

しかし、この「当たり前のこと」がなかなかできないというのも、
また現実です。

このような話をすると必ず

 「どうやって見込客と出会うのですか?」

という質問をする人がいます。

しかし、この質問に対して私ならこう答えます。

 「それを考えるのがあなたの”仕事”でしょ」

これまで繰り返しお伝えをしておりますが、社労士で開業すると
いうのは「起業」をするということ。

つまり、「経営者」になるということです。

そして、

 経営者の仕事というのは「何をすべきか?」を考えること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

 「何をすれば良いですか?」

 「どうやれば良いですか?」

というのは「サラリーマンの思考」です。

別の言い方をすれば、この質問はある意味で「正解」を求めて
いるのだと思います。

しかし、ビジネス(経営)において「正解」はありません。
いくつもの「選択肢(オプション)」があるだけです。

たとえば、「見込客」と出会うためには以下のような方法が
考えられます。

 ・飛び込み営業をする

 ・ポスティングをする

 ・ダイレクトメール(DM)を発送する

 ・小冊子営業をする

 ・異業種交流会やセミナーに参加する

 ・ライオンズやロータリーの会員になる

 ・BNIや倫理法人会などの朝活に参加する

 ・ランチ会を主宰する

 ・(友人・知人、税理士、保険営業などに)紹介をお願いする

 ・セミナーを開催する

 ・広告を出す

 ・ホームページやブログ、SNSで情報発信をする

 ・Youtubeで情報発信をする

少なくても、これ位の「打ち手」は考えれるはずです。

この中から何を「選択」して「実行」するのかを考えるのが、
あなたの仕事です。

もちろん、「うまく行くこと」も「うまく行かないこと」も
あるでしょう。

でも、そんなことはやってみないわかりません。
最悪なのは、「何もしない」という選択をすることです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加