このところ、「開業ネタ」についてお伝えをしております。

昨日は、

 「実務を学ぶために社労士事務所に勤務することの弊害」

についてお話をさせていただきました。

社労士事務所に勤務していた経験がある人というのは

 「勤務していた事務所のやり方が当たり前」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと思ってしまう傾向が強いようです。

もちろん、手続業務を中心とした実務のことだけを考えれば、
それでも大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、私が指摘したいのは

 「ビジネスの視点で考えた場合にそれが正しいのか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

さらに言うならば、今まではそのやり方で良かったかもしれ
ませんが、

 「今後もそのやり方で本当に大丈夫なのか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということまで考えて欲しいのです。

それともう一つ、重大な「弊害」があります。
それは、社労士事務所の就職すると

 勉強だと称して「顧客開拓」をさせられてしまうケース。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん、開業する前に顧客開拓を経験させてもらえることは、
ありがたいことだと思わなければなりません。

しかし、あなたは近い将来には開業わけです。
その時のことを、ちゃんと考えていますか?

つまり、こういうことです。

あなたは社労士事務所に職員として就職して、業務として顧客開拓
をしたのですから、その会社は社労士事務所の顧客になります。

あなたが開拓して、あなたが契約を獲得したとしてもです。
だから、退職する時にその顧客を持っていくことはできません。

もっとも、話がわかる所長の場合には、「餞別」だと言って
顧客を持って行かせてくれる事務所もあることはあります。

でも、基本的な考え方として、社労士事務所を辞めて開業する
のであれば、顧客を持っていくことはできないと理解しておく
べきでしょう。

でも、理屈ではそうでも、気持ち的に納得できない人も多い
のではないでしょうか?

 「自分が契約を獲得した顧客を何で持って行けないんだ!」

と不満に思う人も少なくありません。

だとしたら、社労士事務所になんて就職せずに、最初から自分で
開業した方が良くありませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加