このところ、「開業ネタ」についてお伝えをしております。

昨日は、

 「実務を学ぶために社労士事務所に勤務するべきなのか?」

というテーマについて、私見を述べさせていただきました。

この件について、あなたはどのようにお考えになりますか?

私の考えは「NG」であることは昨日お伝えしましたところですが、
本日は

 社労士事務所に勤務することの「弊害」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

について考えてみたいと思います。

これは、実際に社労士事務所に勤務してから開業された方から
聞いた話ですので、間違いない情報だと思っています。

しかも、一人だけではなく、複数の方から異口同音に同じような
お話を聞きました。

それは何かと言うと

 「勤務していた事務所のやり方が当たり前だと思っていた」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

その人たちは、社労士試験に合格をしてゼロから実務を学ぼうと
思って社労士事務所に入ったわけです。

だから、社労士業界に入って最初に教えてもらった仕事のやり方が、
業界のスタンダードだと勘違いをしてしまったのでしょう。

それはまるで、アヒルのヒナ鳥が最初に映った動く大きなものを
親鳥と認識してしまうのと同じように・・・。

たとえば、以下のような「思い込み」をしていた人たちがいます。

 「給与計算を受託した場合でも賞与の計算は無料でやっていた」

 「助成金業務は成功報酬でやるべきだと思っていた」

 「顧問料はあまり高くしない方が良い」

 「顧問先だからという理由で何でも無料で対応をしている」

もちろん、あなたがその先生のことを心の底から尊敬していて、

 「あの先生のような社労士になりたい」

ということで師事しているのであれば、その先生のやり方を
完コピ(完全コピー)するのは悪いことではありません。

しかし、その事務所に入った理由が「実務を学びたい」という
ことだけだったとしたら、そのやり方を盲目的に信じることは
危険だと言わざるを得ません。

しかも、これからは社労士業界も大きく変化していく時代です。

いつまでも「過去の栄光」や「古い価値観」に囚われている
事務所に入ったところで、もはや学ぶべきことは何もないかも
しれません。

しかし、実務を学ぶために社労士事務所に勤務する「弊害」は
これだけではありません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加