今週金曜日には、社労士試験の合格発表があるようですね。

私は社労士試験の現状についてはまったく理解しておりませんが、
毎年この時期になると

 「今年は何人合格するのだろう?」

 「開業する人はどれ位いるのだろう?」

といったことが気になります。

実は、私も7~8年前までは「社労士開業講座」みたいのを開催して
おりました。

しかし、現在は「社労士事務所の経営コンサルタント」として活動を
していますので、開業支援はしておりません。

現在のお客様は、主に開業5年以上の中堅・ベテランの方々です。

ですから、「これから開業する人」や「開業3年未満の人」というのは、
基本的には私の顧客対象ではありません。

そんな私でも、やっぱり合格発表というのは気になるものです。

そして、たまには「これから開業する人」のお役にも立ちたいと
思ったりするわけです。

そこで、しばらくの間、久しぶりに「開業ネタ」についてお伝えを
しようと思います。

具体的には、開業にあたっての「マインドセット」や「顧客開拓」
などをテーマにお話をします。

もちろん、中堅・ベテランの方々にもお役に立つ内容です。
皆さん初心に返って、「セルフチェック」をしてみて下さいね。

それでは、始めましょう。

これから開業する人に、まず私がお伝えしたいことは、

 開業するというのは「起業(事業を興すこと)」である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

もちろん、開業登録する人の中には、

 「せっかく資格を取得したのだから開業登録をしておこう」

 「(年金相談などをして)社会の役に立ちたい」

 「(副業的に)本を書いたりセミナー講師をしたい」

という人がいらっしゃることは承知しています。

それもまた、社労士資格の活用方法のひとつでしょう。

しかし、このメルマガはそのような方々を対象にお届けしている
わけではありません。

社労士での報酬を主たる収入源として生計を立てようとしている人、
つまり社労士をビジネスとして考えている人たちのサポートをしたい
と思って、私はこのメルマガを配信しています。

ですから、「キレイごと」は一切なしで真実だけをお伝えします。

社労士で開業するのはビジネスですから、ビジネスである以上、

 「顧客開拓」をして「売上」をあげるのが絶対条件
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になります。

残念ながら、この「現実」から逃げることはできません。
もっと具体的に言えば、開業するのであれば、

 しっかりと「売上計画」や「資金計画」を立てなければダメ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

それは、社労士で開業しても失敗してしまう人の一番の原因は、

 ビジネスとしての計画を立てていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということだと私は考えているからです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加