ただいま、「保育・介護マーケットの攻略」をテーマにお伝え
しています。

保育・介護事業所の大きな特徴のひとつに、「処遇改善加算」が
あります。

この制度は、保育・介護職員の安定的な処遇改善を図るための
環境整備とともに、賃金の改善に充てることを目的に創設された
ものです。

制度導入の趣旨や目的は保育事業所も介護事業所も同じですが、
内容については以下の通りかなり異なっています。

 ★介護職員処遇改善加算のご案内
  http://em-tr261.com/L71358/v527/44731

 ★技能・経験に応じた保育士等の処遇改善について
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54731

介護事業所における処遇改善加算の概要は上記の通りですが、
平成29年度の改正により処遇改善加算区分は5区分へと分けられ、
その加算額が事業所に給付されることとなりました。

さらに、平成30年度の改正により加算単位数の少ない2区分が廃止
される見込みとなっています。

なお、最上位の「加算I」の支給を受けるためには、以下の要件を全て
満たしていることが必要になります。

1.処遇改善計画を立案している、または既に処遇改善を行っており、
  適切に報告していること。

2.労働基準法等の違反、労働保険の未納がないこと。

3.新たな定量的要件(職場環境等要件)を満たしていること。

  平成27年4月から計画書の届出の日の属する月の前月までに実施した
  介護職員の処遇改善の内容(賃金改善に関するものを除く。)
  および当該介護職員の処遇改善に要した費用を全ての職員に周知して
  いること。

4.キャリアパス要件?を満たしていること。

(1)介護職員の任用の際における職位(役職)、職責または職務内容に
   応じた任用等の要件を定めること。

(2)(1)に掲げる職位(役職)、職責または職務内容に応じた任用等の
   要件を定めていること。

(3)(1)および(2)の内容について職業規則などのもので書面で明確にし、
   周知していること。

5.キャリアパス要件?を満たしていること。
  (1)次のア.またはイ.の条件を満たした計画を作成していること。

    資質向上のための計画に沿って、研修機会の提供または技術指導等を
    実施(OJT、OFF-JT)するとともに介護職員の能力評価を行うこと。
    資格取得のための支援(金銭、休暇の取得など)を行うこと。

  (2)上記の内容をすべての介護職員に周知していること。

6.キャリアパス要件?を満たしていること。
  (1)次のいずれか昇給の仕組みを導入していること。
    ※単一の基準ではなく、複数の基準をかけ合わせた仕組みでも可。

    経験年数や勤続年数に応じて昇給する仕組み
    資格取得(または保有)により昇給する仕組み
    人事評価や試験結果により昇給する仕組み

  (2)上記の内容をすべての介護職員に周知していること。

このような話をすると、加算を受けるために

 「キャリアパス要件」や「職場環境等要件」をどのように
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 クリアするのか?
 ~~~~~~~~

ということが目的になってしまいがちです。

だから、加算を受けるためだけに評価制度や賃金制度を形式的に
導入することが行われてしまいます。

場合によっては、ジョブカードの評価シートを活用することで
助成金の対象にするようなコンサルをする人もいるでしょう。

もちろん、それも大事なことです。

しかし、経営者(理事長)の本当の悩みは処遇改善加算を獲得
することではありません。

それよりも、

 国から支給された処遇改善加算を、
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 どのように職員に公平公正に配分すれば良いのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで悩んでいるのです。

このことを理解していると、

 「この社労士は業界のことをわかっているな」

となるわけです。

では、処遇改善加算の配分はどのようにすれば良いのか?

この続きを知りたい方は、11月に開催するセミナーにお越し下さい。

<只今ご案内中の企画> 

______________________________________________________________

 助成金オンライン講座のご案内
 http://em-tr261.com/L71358/v527/64731
______________________________________________________________

ただいま、「オンライン講座」として販売しているのは以下の講座
となっております。

 ◆法定三帳簿攻略セミナー
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74731

 ◆最新!使える助成金実務講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84731

 ◆助成金業務スタートアップ講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94731

 ◆助成金情報収集ノウハウ講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104732

 ◆助成金のビジネスモデル徹底研究講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/114732

全国どこでもインターネット環境があれば視聴可能です。

また、オンライン講座ですから、視聴期限内であれば繰り返し
何度でもご覧いただくことができます。

______________________________________________________________

 助成金受給環境整備アドバイザー協会 会員制度のご案内
 http://em-tr261.com/L71358/v527/124732
______________________________________________________________

 助成金ビジネスに取り組むためには、常に最新の情報を入手
 しておく必要があります。

 新設される助成金の情報はもちろん、廃止される助成金、
 要件が変更となる助成金などの情報を知っておかないと、
 助成金のプロとは言えません。

 しかし、こうした最新情報を独自に入手し続けることは、
 とても大変な作業です。

 そこで当協会では、助成金の最新情報を毎月ビデオでお届け
 する会員制度を運営しております。

 講師を務めていただいているのは、助成金の第一人者である
 深石圭介先生です。

 深石先生作成のオリジナル資料もファイルでご提供しますので、
 会員になっていただきますと、顧問先や見込客に対して助成金
 の最新情報が提供できるようになります。

 ◆会員制度の詳細はこちら
  http://em-tr261.com/L71358/v527/134732

 ◆無料お試し動画(通常価格7,500円+税 → 0円)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/144732

______________________________________________________________

 <書籍のご案内>

 『なぜ残業を減らしたのに、会社が儲かるのか?』
  http://em-tr261.com/L71358/v527/154732 
_____________________________________________________________

 第1章 「働き方改革」によって大きく変わる労働時間管理

 第2章 労働時間管理に関する”よくある勘違い

 第3章 労働時間を改善するための”3つのステージ”

 第4章 労働時間MBO制度で社員と会社を成長させる方法

 第5章 労働時間MBO制度を導入する9つのステップ

 第6章 助成金と認証制度を活用して労働時間を改善する

  → 新刊をアマゾンで購入する
    http://em-tr261.com/L71358/v527/164732 

★★過去のメルマガはこちらよりご覧になれます★★
http://em-tr261.com/L71358/v527/174732

——————————————————-
  本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
○——————————————————○

  社労士事務所の経営コンサルタント
  萩原京二のオフィシャルメルマガ事務局

  〒113-0033
  東京都文京区本郷3-3-15 アイビル8F
  TEL: 03-3812-3621 FAX: 03-6800-5654

  萩原京二オフィシャルサイト
  http://em-tr261.com/L71358/v527/184732

○——————————————————○

[メッセージの一部が表示されています] メッセージ全体を表示

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加