ただいま、こちらの講座のご案内を行っております。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第2期)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54611

上記ページに設置してある「ベーシックコース概要」ビデオを
11分33秒のところからご覧下さい。

メイン講師である齋藤先生のお話は大変興味深い内容です。

この日(説明会の当日)、齋藤先生はあるクライアントから

 「採用のことで相談したい」

と依頼をされてミーティングをしてきました。

その会社は社員5名の小さな会社で、これまは同業者からの紹介や
社長が自分で人を引っ張ってきて採用をしてきました。

これからさらに人を増やしたが、これまでのやり方はもう限界で、
どうすれば良いかわからなくて困っている。

そんな社長からの相談は、

 「職業紹介会社を使うことを検討しているが、どう思うか?」 

というものでした。

しかし、その費用(紹介手数料)が80万円もかかるようです。
そこで社長は、齋藤先生に相談をしたのです。

このような社長からの相談に対して、齋藤先生が提案した内容とは?
こちらのビデオ(11分33秒以降)でご確認下さい。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第2期)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64611

さて、ここでのポイントは、

 顧問先から採用に関する相談を受けたら
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あなたはどのようなリアクションをすることができるか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、あなたが齋藤先生の立場だったらどうでしょうか?

 『今は採用が難しいので紹介会社に頼んだらどうですか?』

という対応をするのか

 『無料のサービスを使っても、これだけのことができますよ』

 『まずは採用環境を整備することから始めませんか?』

という提案ができるのとでは、顧客に与える信頼感はまったく違う
ものになるでしょう。

もっと言えば、悪質な職業紹介会社に依頼をしてしまったら、
80万円をドブに捨てることにもなりかねません。

 まだ、あなたは顧問先にムダな採用コストを負担させますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それとも、助成金を活用して【実質無料】で求める人材を確保する
コンサルティングの提案をしますか?

顧問先の「人手不足問題」を本気で支援したい方は、以下のページを
ご覧下さい。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第2期)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74611

 ★SDGs採用コンサルタント養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84611

受付終了まで、本日を含めて【あと5日】です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加