ただいま、こちらの講座のご案内を行っております。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第2期)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74601

 ★SDGs採用コンサルタント養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84601

今回の講座(3部作)のコンセプトは、

 『採用専用ホームページ』作成サービスで契約を獲得する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というものです。

このような話をすると、

 「ホームページの作成なんて社労士のやる仕事じゃない」

と思う人も多いでしょう。

もちろん、私はそのような「考え方」を否定するつもりはありません。
なぜなら、これは「社労士ビジネスの定義」の問題だからです。

ほとんどの人は、「国家資格者としての独占業務」を社労士の仕事だと
考えているようです。

具体的には、「手続業務」や「労務管理」「就業規則」などの業務です。

しかし、私は自分の仕事を

 「人事労務管理に関するお困りごとを解決すること」

だと定義しています。

その問題を解決するのであれば、社労士資格の有無はまったく関係
ありません。

資格というのは、顧客に対して「信用」や「安心」を与えるための
手段にすぎないと思っています。

現在、中小企業経営者の最大の悩みは「採用」であることは疑いの
ないことです。

そして、この問題を解決するために「自社採用ホームページの作成」が
必要であるならば、それをサービスとして提供するのがビジネスです。

顧客視点で考えれば、「社労士だから」とか「社労士なのに」といった
ことはまったく関係がありません。

思い起こせば今から20年前。私が社労士として開業した当初の頃、

 『助成金なんて社労士がやるべき仕事じゃない!』

と指摘する先輩社労士がたくさんいらっしゃいました。

 『お金で顧客を釣るなんて下品だ』

というのがその理由です。

でも、現在はどうでしょう?

「助成金なんて社労士の仕事ではない」という人はいませんし、
世間的にも「社労士というのは助成金の申請をしてくれる人」
ということで認知されています。

つまり、

 「時代が変わればビジネスに対する考え方も変わる」

ということです。

今から何年かしたら、

 「昔は、採用ホームページの作成は社労士の仕事ではない

  なんて思われていた時代もあったんだよね」

と言われるかもしれませんね(笑)。

 助成金を活用して実質無料で採用ホームページの作成をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 顧客から感謝されながらザクザクと顧客開拓をするビジネス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にご興味のある方は、以下のページをご覧下さい。

 ★採用支援顧問獲得実践塾(第2期)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94601

 ★SDGs採用コンサルタント養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104602

20日(日)までの期間限定募集です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加