今、私の頭の中は「SDGs」のことで一杯です。

だから、先日の「採用支援ビジネス説明会」でも以下のような
話をさせていただきました。

 ★採用支援ビジネス説明会でお話した内容
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54531

 ・SDGsが社労士にとって重要なキーワードである理由

 ・なぜ、社労士ビジネスはSDGsと相性が良いのか?

 ・世界が合意した「持続可能な開発目標」とは?

 ・SDGs「17のゴール」と「169のターゲット」

 ・社労士ビジネスと関係が深い「5つのゴール」

 ・SDGsに取り組まないリスクとは?

 ・今、私たちが中小企業経営者に伝えるべきこと

 ・SDGsの活用によて広がる可能性とは?

 ・SDGsの視点で考える人事労務管理

 ・働き方改革とSDGsの関係

 ・あなたがSDGsコミュニティリーダーになるメリット

 ・一般社団法人SDGs人事労務マネジメント協会の設立

 ・学生が就職先を決める一番の理由とは?

 ・来年から学校教育でSDGsが取り入れられるインパクト

 ・SDGs採用コンサルティング講座のご案内

 ・SDGsをどのようにビジネス化するのか?

 ・SDGsをテーマにセミナーを開催する方法

上記のビデオをご覧いただければ、私がなぜ「SDGs」に夢中に
なっているのか? その理由がおわかりいただけると思います。

 ★私が「SDGs」に夢中になっている理由とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64531

 社労士というのは、雇用や年金、・医療・介護といった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『働くこと』や『生きること』に密接に関係した資格
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なので、数多ある国家資格の中でも「SDGsと抜群に相性が良い資格」
ではないかと、私は考えています。

それが証拠に、政府も「働き方改革」をSDGsへの取組みの最重要課題
として認識しています。

つまり、私たちが行っている人事労務管理の指導というのは、
SDGsへの取組みそのものだということです。

まずは、そのことを伝えましょう。

私たちが扱う「法令遵守」や「安全配慮」などの「予防的な商品」は、
ニード喚起をするのが非常に難しい商品です。

経営者からは、「何でそんなことをしなければならないの?」と反論
されることもあります。

しかし、SDGsというのは「世界が合意した達成目標」です。

 『SDGsへの取組みとして「働き方改革」を推進しましょう』

と言えば、誰も反論することはできません。

そういう意味で、SDGsというのは「魔法の言葉」なのです。
しかし、たんなる営業トークとしてSDGsを使うことは許されません。

そうならないためにも、こちらの講座を受講して「正しい知識」を
身につけていただきたいと思います。

 ★社労士のためのSDGs入門講座
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74531

間もなく受付終了します。
11日(金)以降に販売するビデオ講座は大幅に値上げとなります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加