昨日の新聞記事によると、トヨタ自動車が採用の5割を中途採用
にするとのこと。

自動車業界では、自動運転などの次世代技術に対応するため、
中途採用を拡大する動きが広がっているようです。

これは、「新卒一括採用+終身雇用」という従来型雇用に限界が
訪れているということでもあります。

このような流れを受けて転職者数は年々増加しており、人手不足
の影響もあり、「採用支援ビジネス」が活況を呈しています。

その一方で、採用コストは年々増加しています。

採用力のない中小企業は雇用確保することが難しくなり、
事業自体が成り立たなくなるリスクが大きくなってきました。

そこで登場したのが、「探さない選ぶだけの採用・就活」を
コンセプトとした新卒採用・就活サービスです。

ハントバンク
http://em-tr261.com/L71358/v527/44521

これは、新卒者と経営者とをマッチングさせるサービスです。
仕組みはとても簡単です。

毎日昼の12時に学生(ユーザーが学生の場合は企業の経営者)が
3名ずつ推薦されます。

後は選ぶだけというシンプルさが特徴です。

このようなサービスで自社に関心を持ってくれた人は必ず、
企業の採用ページでさらに深く調べます。

ですから、学生から選ばられる企業、会いたいと思われる経営者に
なるためには、これからは積極的な情報発信が重要になってきます。

これは、別の見方をすれば、

 会社や職場の魅力を積極的に発信することができれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中小企業であっても優秀な人材を確保できるチャンスがある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

インターネットやスマホの普及、ITツールの登場によって

 「採用のルール」は大きく変わりました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このことを

 「知っている会社だけが良い人材を確保することができる」

そんな時代になったということです。

私たちは顧問社労士として、このことを顧問先に伝える義務が
あるのでではないでしょうか?

 ★助成金を活用して採用コンサルをする方法セミナー&説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54521

間もなく受付終了となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加