このところ、チラホラとSDGsについての情報をご提供しています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月25日に
ニューヨーク・国連本部で開催された国連サミットで採択された。

 「持続可能な開発目標」

のことです。

詳しい内容につきましては、こちらのサイトをご覧下さい。

 持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド(環境省発行)
 http://em-tr261.com/L71358/v527/74501

でも、これを読んだだけでは本当の意味でのSDGsを理解する
ことは難しいと思いますので、少しでもご興味を持たれたので
あれば、ぜひこちらの講座にご参加下さい。

 ★社労士のためのSDGs入門講座(10月10日大阪開催)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84501

たった90分間でSDGsのことが手に取るように理解できるように
なりますよ。

なぜ私がこれほどまでに「SDGs押し」をしているのかというと、

 これからの社労士はSDGsをテーマにビジネス展開をすべき
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと考えているからです。

上記でご紹介している「SDGs活用ガイド」で解説されている

 17のゴールと169のターゲット

をじっくりとご覧になってみて下さい

私たち社労士のビジネスに関連するキーワードがたくさん掲載
されていることがわかると思います。

特に、ゴール8である

 「働きがいと経済成長」というのは「働き方改革」そのもの
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言ってもよいでしょう。

つまり、

 SDGsというのは「働き方改革」の上位に位置づけられる概念
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

別の言い方をすれば、

「多様な働き方の整備」や「長時間労働の是正」「同一労働同一賃金」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ハラスメント対策」に取り組むのも、すべてはSDGsを実現させるため、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

しかも、SDGsというのは

 「2030年までに達成することを世界が約束した開発目標」

ですから、誰もこれを否定することはできません。

たとえば、

 「何で働き方改革なんてしなければならないんだ!」

という経営者がいたとしても、私たちから

 「働き方改革に取り組むことがSDGsの実現につながるんです」

と言われてしまえば、それ以上は反論することができないのです。

もちろん、SDGsの本質を理解せずに、小手先のテクニックとして
使うことは許されません。

そうならないためにも、こちらの講座に参加をして正しい知識を
身につけて下さい。

 ★社労士のためのSDGs入門講座(10月10日大阪開催)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94501

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加