ただいま、「採用ビジネス」に関する情報をご提供させて
いただいております。

これまでに、以下の3つのビデオを公開させていただきました。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第1話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74461

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第2話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84461

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第3話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94461

本日は、その<第4話>を公開させていただきます。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第4話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104462

  ・採用支援マーケットにおけるポジショニング戦略

  ・顧客対象を50人未満の会社に絞り込む理由とは?

  ・応募者を集めすぎない採用コンサル

  ・セミナー営業と採用支援ビジネスの共通点

  ・ピンポイントで欲しい人材を獲得するために重要なこと

  ・「数」を集めるよりも「質」が大事な理由

  ・必要な時に必要な人材を確保できる仕組みづくり

  ・採用の心構えは金融機関からお金を借りるのと同じ

  ・「新しい採用のルール」とは?

  ・私たちのポジショニング戦略を公開!

  ・ライバルがいないブルーオーシャンで戦う

  ・穴の開いたバケツに水を入れるな!

  ・顧問社労士として採用に関わるベストな方法とは?

私たちはこれから

 50人未満の会社を対象にした「集めない採用」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のビジネス化を図ろうと思っています。

なぜなら、ここはライバル不在の完全なブルーオーシャン市場だから
です。

また、社労士が顧問契約とセットで提案するのであれば、50人未満の
会社というのが顧客対象としてはベストフィットだからです。

しかし、この規模の会社に「採用定着支援」のコンサル提案をして
契約を獲得するためには、それなりの工夫が必要になります。

ハローワーク求人票の作成コンサルだけでは、継続的に報酬をもらい
続けることは難しいでしょう。

 では、どのようにしてコンサルビジネスを成立させるのか?

そのために必要となるツールは、やっぱり「助成金」です。
つまり、

 助成金を活用して「実質無料」で採用支援コンサルの提案をする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

こちらのセミナー&説明会では、そのための具体的な方法論をお伝え
したいと思っています。

 ★助成金を活用して採用コンサルをする方法セミナー&説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/114462

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加