今週月曜日から「採用ビジネス」に関する情報をご提供させて
いただいております。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第1話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/34411

そして、本日より<第2話>のビデオの公開をします。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第2話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/44411

 ・第1話の振り返り

 ・ハローワーク求人企業に送ったダイレクトメールの内容

 ・求人票診断レポートの内容とは?

 ・なぜFAXではなく郵送のDMを送っているのか?

 ・DMの到達率、開封率、認識率、精読率、理解率、行動率

 ・ハローワークから指導(注意)をされた理由とは?

 ・DMでのアプローチ方法の問題点とは?

 ・商談をしても契約ができない理由

 ・どのような理由で断られてしまうのか?

 ・ハローワークに求人を出していない企業にも対象を広げた理由

 ・ハローワークに求人を出す企業の特徴

 ・顧問契約につながる採用支援サービスとは?

 ・現在の取組内容について

 ・どのようなオファーを出しているのか?

 ・採用ビジネスのポジショニング戦略

どんなビジネスにおいても、

 「商品(サービス)」と「顧客対象」の整合性を図る
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということがとても重要なことです。

私は常にこのことを意識しておりますし、今回のプロジェクトでも

 「ハローワーク求人企業」に「求人票の作成コンサル」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を提案しようとしたわけですから、整合性という視点ではまったく
問題ないと考えていました。

ハローワークに求人を出している企業は、

 求人を出しても応募がない

 応募はあるが良い人材が集まらない

 採用はできるけど、すぐに辞めてしまう

といった悩みや問題を抱えているはずです。

こうした問題が発生してしまうのは「求人票の書き方」に問題がある
からで、私たちがその問題解決のお手伝いをする。

私たちは、このような「仮説」を立てて行動をしてきました。
しかし、この「仮説」はどうやら正しくなかったようなのです。

その理由については、以下のビデオでご説明をしております。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第2話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54411

結論から言うと、

 ハローワーク求人企業は「求人票の書き方」には悩んでいない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

もちろん、ハローワークに求人を出して良い人材を獲得するため
には、「求人票の書き方」が重要であることに間違いはありません。

しかし、そのことを伝えると「とりあえず自分でやってみる」という
結果になってしまうことが多いのです。

なぜなら、ハローワークに求人を出している企業というのは、
「求人票を自分で書くことはできている」からです。

もちろん、私たちの「商談スキル」が十分ではなかったということも
あるでしょう。

しかし、ハローワークに求人を出している企業の「属性」を考えれば、
「自分でやる」という会社がいることは否定できません。

なぜなら、ハローワークで求人を出している企業には、

 「お金をかけずに採用をしたい」

という会社が少なからずいるからです。

詳細につきましては、こちらのビデオでご説明をしております。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報(第2話)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64411

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加