こちらのビデオはご覧いただきましたか?

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報
  http://em-tr261.com/L71358/v527/34401

これは今年6月から3ヵ月間、私たちが「採用支援ビジネス」に
取り組んだ結果報告です。

このプロジェクトに取り組む前に、私は以下のような「仮説」を
立てていました。

 DMの発送:200通/月

 問合せ:20件(反応率10%)

 契約獲得数:4件(成約率20%)

これを6ヵ月間継続すれば、24件(4件×6ヵ月)獲得できるはずだと。

ところが、実際にやってみた結果は厳しいものでした。
詳細につきましては、以下のビデオをご覧下さい。

 ★採用ビジネス最前線からの最新情報
  http://em-tr261.com/L71358/v527/44401

でも、私はこれを「失敗」だとは考えておりません。
これは、あくまでも私の仮説の「検証」結果だと捉えています。

たしかに、私が想定していたよりも成果は少なかったですが、
問合せ件数も契約件数もゼロではありませんでした。

ですから、「採用支援ビジネス」にニーズがあることは間違いが
ないことは確認できました。

だとすれば、問題は「アプローチの方法」ということです。

そこで、私は次なる「仮説」を立てました。
そして今、その仮説を「検証」するための取組を行っています。

その結果については、明日公開するビデオでお伝えをします。

このように、何か新しいビジネスを始める場合には、自分なりの
「仮説」を立ててみるということがとても重要なことです。

今回のケースでも、あらかじめ自分なりの「仮説」を立てていたので、
結果を「検証」することができたわけです。

その「検証」結果を踏まえて次のアプローチの方法を「調整」する
ことで、最終的には「正解」にたどり着くことができるはずです。

さて、このような考え方を「TEFCAS」といいます。

私はこの考え方を、マインドマップの父であるトニー・ブザン氏から
学びました。

 「T」・・・「Trials(試行)」

 「E」・・・「Events(実行)」

 「F」・・・「Feedback(反応)」

 「C」・・・「Check(チェック)」

 「A」・・・「Adjust(調整)」

 「S」・・・「Success(成功)」

 とりあえずやってみれば、何らかの結果が得られる。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その結果からのフィードバックを得て、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 調整作業を繰り返して行けば、必ず成功することができる。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

簡単に言うと、そんな考え方です。

何となく「PDCAサイクル」にも似ていますが、決定的に違うのは、
「TEFCAS」は「Trial(試行)」から始まるということです。

 まだ達成していないことについて大切な時間を費やすよりも、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 達成したい目標のために「まず行動する」ということが重要だ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という考え方をしています。

「PDCA」は「P(計画)」から始まりますが、計画を立てることに
囚われてしまい、具体的な実行ができなければ意味がありません。

だから、「まずやってみる」ことが大事だということです。

 あなたは「正解」を求めて「計画」に時間を取られてしまい、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「行動」できないなんてことはありませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうだとしたら、ぜひ「TEFCAS」の考え方を取り入れてみて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加