今週月曜日より、こちらの講座のご案内を開始しております。

 ★【関西エリア限定】ハラスメント認証審査員養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v354/44351

 注)ビデオ内でご案内してる日程や会場は異なります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、上記講座でご提供するノウハウ(コンテンツ)をより有効に
活用していただくため、

 「顧客開拓のための仕組みづくり講座」

というオンライン講座の公開をさせていただいております。

本日は、その<第3話>をお届けします。

 ★顧客開拓のための仕組みづり講座(第1回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/54351

 ★顧客開拓のための仕組みづくり講座(第2回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/64351

 ★顧客開拓のための仕組みづくり講座(第3回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/74351

  ・フロントエンド商品としての4番目の条件とは?

  ・助成金では差別化ができない理由

  ・助成金以外のフロントエンド商品を見つける

  ・ハラスメント対策という新たな商品

  ・認証取得コンサルビジネスとは?

  ・企業がハラスメント対策企業認証を取得するメリット

  ・社労士にとってのメリット

 ただし、ビデオ内でご案内しておりますプレゼントについては
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 現在は行っておりませんので、あらかじめご了承下さい。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

顧客開拓をするためには、

 あなたが本当に販売したい商品(バックエンド商品)と、

 その商品を購入してくれる見込客を集めるための商品
 (フロントエンド商品)

が必要です。

もちろん、すべての商品にフロントエンド商品が必要に
なるわけではありません。

ニーズが顕在化していて、かつ緊急性が高い商品の場合には、
フロントエンド商品は不要です。

あるいは、単価がそれほど高くない商品の場合にも、フロント
エンド商品は必要ありません。

しかし、私たち社労士の顧問契約や就業規則の作成、賃金
コンサルなどの

 「ニーズが顕在化していない予防的な商品」

 「緊急性が高くなく高額な商品」

などの場合には、フロントエンド商品を準備する必要があります。

最初にフロントエンド商品を購入していただいてから、
次にバックエンド商品の提案をする。

このような「2ステップ営業」が効果的なのです。

ちなみに、フロントエンド商品には「4つの条件」があります。
3つ目の条件までは、こちらのオンライン講座でお伝えしています。

 ★顧客開拓のための仕組みづくり講座(第1回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/84351

 ★顧客開拓のための仕組みづくり講座(第2回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/94351

本日は、フロントエンド商品に求められる「第4の条件」について
ご説明をしております。

 ★顧客開拓のための仕組みづくり講座(第3回)
  http://em-tr261.com/L71358/v354/104352

これまで社労士ビジネスにおいて鉄板のフロントエンド商品は、
間違いなく「助成金」でした。

ところが、最近では顧客に提案しやすい助成金も少なくなり、
また支給申請時の審査(書類チェック)が厳しくなったこともあり、
助成金をフロントエンド商品として活用することが難しくなって
きています。

そこで、助成金に変わる「新たなフロントエンド商品」を探して
いる方に対して、以下の講座のご案内をしております。

 ★【関西エリア限定】ハラスメント認証審査員養成講座
  http://em-tr261.com/L71358/v354/114352

 注)ビデオ内でご案内してる日程や会場は異なります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、今回は「大阪会場のみ」での開催となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加