先日、テレビを観ていたら

 銀行員の私服化が解禁されることで大打撃を受ける制服業界
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というニュースを放送していました。

大手銀行でも、スーツや制服ではなく私服で業務をすることが解禁
されたとのことで、制服業界が大打撃を受けているという内容です。

これまで制服業界の市場規模は1兆円あったのに、今では5000億円に
半減してしまっているとのこと。

これにより、倒産する企業も増えているようです。
市場の規模が半分になれば、それも当然なのかもしれませんね。

しかし、このニュースを聞いた私は、正直言って

 制服メーカーの経営者はいったい何をしていたんだ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思いました。

なぜなら、そんなことは今に始まったことではなく、ずっと前から
容易に予測できることだったからです。

たとえば、10年位前から「クールビズ」や「ウォームビズ」という
のは確実に広まってきていました。

最近では、女性が仕事でハイヒールを履くことを強要されることに
反対の声もあがっています。

つまり、現在では

 「社員が快適に働けるために服装も常識の範囲で自由にする」

という認識が高まってきているのです。

このような流れを受けて、「制服」の市場が縮小することは誰でも
予想ができたことです。

「銀行員に私服化が解禁された」というのは、ひとつのきっかけに
過ぎません。

しかも、経営者であるならば、

 「最悪の事態を想定して最善の策を尽くす」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

必要があったはずです。

それなのに、「市場が縮小したので倒産しました」というのは、
経営者としてあまりにも無策であったと言わざるを得ません。

その一方で、番組ではこうした市場環境の変化に対応して、

 「制服のような私服」を開発したメーカー

も紹介されていました。

番組では紹介されていませんでしたが、おそらく目端の利く経営者
であれば、たとえば

 「コスプレ市場」に向けた商品

などを開発をしているはずです。

では、私たち社労士業界はどうでしょう?

行政手続の簡素化、デジタルファースト法などの流れを受けて
労働・社会保険関連の手続業務がなくなることは確実です。

そんなことは、もう10年位前から言われ続けていたことです。

それなのに、あなたがまだ何の対策も講じていないとしたら、
残念ながら制服メーカーと同じ運命をたどるしかありません。

 「でも、どうすれば良いのかわからない・・・」

という方は、もう一度以下のビデオをじっくりとご覧下さい。

 ★手続業務なき後の社労士事務所の経営を考える
  http://em-tr261.com/L71358/v527/44301

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加