これまで、「相談顧問契約」をテーマにした以下の対談ビデオを
お届けして参りました。

 【夏休み特別企画】開業20年社労士対談ビデオ

  第1話 手続業務なき後の社労士事務所の経営
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54271

  第2話 相談顧問サービスの「3つの分類」
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64271

  第3話 労働法務顧問サービスの体系図とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74271

  第4話 労働法務をテーマに新規顧客を開拓する方法
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84271

本日が、いよいよ<最終話>の公開となります。

  最終話 対談ビデオのまとめ&特別なご案内
  http://em-tr261.com/L71358/v527/94271

これまでお伝えしてきた内容を整理すると、以下の通りになります。

★電子申請義務化によって手続業務がなくなることは確実

★社労士事務所の次の事業の柱として「労務相談顧問」が有力

★労務相談には「手続相談」「労務管理相談」「労働法務相談」
 の3段階がある

★「労働法務相談顧問」の契約を獲得するためには、顧客に対して
 どのようなサービスを提供して、どのように役に立てるのかを
 きちんと説明できなければならない

★そのためには「労働法務サービス」を体系的・構造的に定義する
 必要がある

★「労働法務ビジネス」における社労士の役割は「予防」である。
 私たちは「戦わない社労士」を目指している

★しかし、どんなに「予防」をしていたとしてもトラブルは発生して
 しまうので、その問題への対応も求められる

★また、トラブルを解決した事後の対応として賃金制度の見直し等の
 コンサルビジネスのニーズが必ず生まれる

★ただし、「労働法務」というのは予防商品なので、新規顧客を獲得
 するのが難しい

★そのため、労基署調査で「是正勧告」を受けた企業(今すぐ客)を
 対象とした顧客開拓戦略がポイントになる

今回(最終話)のビデオでは、「労働法務」をテーマにビジネスを
する方法についてお伝えをしております。

結論から言ってしまうと、私たちがあなたにお伝えしたいことは、

 9月と10月に開催するセミナー&説明会に来て下さい!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

 ★労働法務をテーマにビジネスをする方法セミナー&説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104272

 <東京会場>
  9月14日(土)17:00~18:30(岡崎先生講座あり)
  9月27日(金)16:30~18:00
  10月18日(金)17:00~18:30(岡崎先生講座あり)

 <大阪会場>
  10月8日(火)15:00~16:30

このセミナー&説明会にご参加いただく方の特典は以下の通りです。

(1)顧問先への情報提供ツール公開

(2)顧問先での労働トラブル事例公開

(3)労働法務顧問獲得実践塾への入塾権(別途費用がかかります)

今回のプロジェクトについて、本当はもっともっとお伝えしたいことが
あるのですが、何分にもライブでないとお話できないデリケートな内容が
含まれております。

ですから、上記のセミナー&説明会にご参加をいただいた方だけに限定
せざるを得ない事情をご理解下さい。

何となく「秘密結社」のような怪しい雰囲気ですが、私たちがやろうと
していることは、いたって真面目です。

すでに1次募集で「志の高い仲間」が全国から24名も集まっており、
メンバーの顔ぶれも開業3年~開業20年超の方までバラエティーに富んだ、
稀有な「ビジネスコミュニティ」となっています。

もちろん、女性の会員さんもいらっしゃいますよ。

こちらのセミナー&説明会にご参加いただければ、その雰囲気を感じて
いただけると思います。

 ★労働法務をテーマにビジネスをする方法セミナー&説明会
  http://em-tr261.com/L71358/v527/114272

あなたのご参加をお待ちしております。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加