ただいま、「相談顧問契約」をテーマに情報をお届けしております。
これまでに公開したビデオはこちらです。

 【夏休み特別企画】開業20年社労士対談ビデオ

  第1話 手続業務なき後の社労士事務所の経営
  http://em-tr261.com/L71358/v527/104242

  第2話 相談顧問サービスの「3つの分類」
  http://em-tr261.com/L71358/v527/114242

  第3話 労働法務顧問サービスの体系図とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/124242

「労働法務」というと、社労士が「頑張らなければいけない」と
思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

私たちが目指しているのは「戦わない社労士」です。

むしろ、トラブルを「予防」することこそが自分たちの役割だと
考えています。

そのために「就業規則」や「労働書面」を整備したり、
その「運用」の支援をするのが「労働法務顧問サービス」なのです。

しかし、ビジネス的に考えた場合、「予防」という商品を販売する
のはかなり難しいと言わざるを得ません。

なぜなら、経営者というのは

 「自分の会社では労働トラブルなんて起きるはずがない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と楽観的に考えているからです。

そもそも、経営者というのは「そういう生き物」なのです。

なので、「労働法務」をビジネス化するためには、

 どのように顧客を開拓して、
 ~~~~~~~~~~~~~

 どのような提案をして、
 ~~~~~~~~~~~

 どのようなサービスを提供するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということに関する緻密な設計が必要になります。

反対に、それができなければ「労働法務顧問サービス」というのも
「絵に描いた餅」になってしまうでしょう。

でも、ご安心下さい。

松崎先生と私の2人が、このような情報をご提供させていただくから
には、そのことについてもバッチリとご伝えしますからね。

そこで、次回<第4話>のビデオでは、いよいよ

 労働法務をテーマに新規顧客を開拓する方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

について公開をさせていただきます。

かなり刺激的な内容になっていると思いますので、ぜひ楽しみに
していて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加