ただいま、「相談顧問契約」をテーマに情報をお届けしております。
本日より<第3話>の対談ビデオを公開させていただきます。

  第3話 労働法務顧問サービスの体系図とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54221

ちなみに、これまでこれまで公開したビデオはこちらです。

 【夏休み特別企画】開業20年社労士対談ビデオ

  第1話 手続業務なき後の社労士事務所の経営
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64221

  第2話 相談顧問サービスの「3つの分類」
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74221

これまでのビデオをご覧になったあなたは、

 労務相談業務の中に「労働法務」という新しいジャンルを作る
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことによって、ビジネスチャンスが広がり、顧問料の単価をアップ
させることができることに気づかれたと思います。

しかし、「労働法務相談」をサービスとして提供するためには、

 私たちが具体的にどのようなサービスを提供するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 労働法務相談が顧客にとってどのように役立つのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを明確に説明できなければなりません。 

つまり、「労働法務サービス」の全体像を示すということです。

今回のビデオでは、「労働法務サービスの体系図」について解説を
させていただいております。

もちろん、これは【本邦初公開】の内容です。

  第3話 労働法務顧問サービスの体系図とは?
  http://em-tr261.com/L71358/v527/84221

「労働法務顧問」という概念(コンセプト)が理解できたとしても、
それを具体的なサービスに落とし込み、わかりやすく顧客に説明が
できなければ、ビジネスとしては成立しません。

そういう意味では、ビデオ内で公開しているチャートは

 「労働法務顧問ビジネスの設計図」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

とも言えるものです。

ただし、ビデオの中で公開しているチャートには「モザイク」が
かかってしまっています。

この体系図をご覧になりたい方は、こちらのセミナー&説明会に
ご参加下さいね(笑)。

 労働法務をテーマにビジネスをする方法セミナー
 http://em-tr261.com/L71358/v527/94221

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加