ただいま、「相談顧問契約」をテーマに情報をお届けしております。
昨日より<第2話>の対談ビデオを公開させていただきました。

 【夏休み特別企画】開業20年社労士対談ビデオ

  第1話 手続業務なき後の社労士事務所の経営
  http://em-tr261.com/L71358/v527/54211

  第2話 相談顧問サービスの「3つの分類」
  http://em-tr261.com/L71358/v527/64211

相談業務でビジネスをするのであれば、「相談内容の範囲」を
明確にしておかなければなりません。

そうしなければ、月額1~2万円の顧問料で「解雇」や「未払い
残業代請求」といった難しい案件の対応をしなければならない
羽目になってしまうからです。、

しかし、多くの社労士は

 「人(人事労務管理)のことなら何でも相談して下さい」

とか言ってしまっているために、適正な報酬をもらうことができて
いないという現実があるのです。

そこで、こちらのビデオでは、この問題を解決するための具体的な
やり方(ノウハウ)を公開させていただきました。

 【夏休み特別企画】開業20年社労士対談ビデオ

  第2話 相談顧問サービスの「3つの分類」
  http://em-tr261.com/L71358/v527/74211

このビデオでの重要なポイントは、松崎先生の提案方法にあります。
そのことにお気づきになりましたか?

松崎先生は、社労士が行う相談業務には「手続相談」「労務管理相談」
「労働法務相談」の3段階(ランク分け)があることを伝えた上で、

 「私は、労働法務相談を専門に扱う社労士です」

と明確に伝えています。

 「だから、私の顧問料は一般的な社労士よりも高いです」

と言い切っていることに注目して下さい。

しかも、「手続や労務管理相談は、私ではなくスタッフが担当します」
という話までしています。

つまり、これは「トップダウン型」の提案になっているのです。
ここが非常に重要なポイントなのです。(気づきましたか?)

「トップダウン型」の反対は「積上げ型」です。

これは、たとえば「松・竹・梅」戦略のように、

 労働法務顧問: 月額5万円

 労務管理顧問: 月額3万円

 手続相談顧問: 月額1万円

のように提示して、顧客に選択をさせる方法です。

しかし、この方法だと通常は真ん中のランク(月額3万円)を選択する
というのが顧客心理です。

しかし、松崎先生はきっぱりと「トップダウン型」で提案をしています。

 なぜ、このような強気な提案ができるのでしょうか?

その秘密についても、第3話以降のビデオで公開をさせていただきます。
ぜひ、楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加