昨日ご案内しましたこちらのビデオはご覧いただきましたか?

 ★松岡先生との対談ビデオ(給与計算ビジネス編)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/14141

このビデオをご覧いただきたいのは、松岡先生の体験談を通じて、
「事務所コンセプト」を明確にすることがいかに大事であるか、
をお伝えしたいと思ったからです。

講座の売込みではありませんので、どうぞご安心下さい。
(給与計算関連の講座の募集は現在は行っておりません)

さて、先日のメルマガで

 「事務所コンセプト」=「商品・サービス」×「自分」

だという話をしました。

つまり、事務所コンセプトとは、

 「なぜ、あなたがその商品(サービス)を提供しているのか?」

という理由を説明することなのです。

これは別の言い方をすれば、

 「事務所コンセプト」はあなたが顧客から選ばれる理由になる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、私は以前に生命保険の営業マンをしていました。

生命保険というのは、同じ会社の同じ商品であれば、どの営業マンから
購入しても保障内容や保険料はまったく同じです。

それなのに、「売れる営業マン」と「売れない営業マン」がいます。
よく考えてみると不思議だと思いませんか?

では、「売れる営業マン」は何が違うのか?

もちろん、「人づきあい合いが得意」とか「セールストークが上手い」
といったテクニカルな特徴はあるかもしれません。

しかし、「売れる営業マン」というのは、

 「どうせ保険に入るのであれば〇〇さんにお願いする」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という、顧客から「選ばれる理由」を持っているのです。

つまり、「販売コンセプト」です。

彼(彼女)らは、保険(商品)を売るというよりも「販売コンセプト」
を売っているのです。

そして、そこには必ずと言ってよいほど

 「なぜ、自分が保険営業をしているのか?」という物語(ストーリー)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

があります。

顧客はその「理念」や「ストーリー」に共感をして、その営業マンと契約
をするのです。

さて、ここで重要なポイントというのは、

 同じ商品でも「売れる営業マン」と「売れない営業マン」がいて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 両者の違いは「販売コンセプト」にある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

では、これを社労士ビジネスに置き換えてみるとどうでしょう?

たとえば、私の講座では

 ・助成金顧問

 ・労働法務顧問

 ・利益を生み出す給与計算サービス

 ・採用定着支援コンサルティング

 ・人事データ活用コンサルティング(人事決算書)

 ・労働時間MBOコンサルティング

 ・助成金を活用した実質無料の賃金コンサルティング

 ・社長の年金復活支援コンサルティング

 ・事業承継企画書作成サービス

 ・人事労務デューデリジェンス

といった他の社労士事務所と差別化できる、エッジの効いた「商品」を
ご提供しています。

もちろん、これらのノウハウを活用していただき「商品力」によって
顧客の獲得をすることは可能です。

実際に、講座にご参加された多くの方に「成果」を出していただいて
おります。

でも、本当に重要なことは、

 これらの「パーツ」をあなたの「事務所コンセプト」と融合させ、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「あなたオリジナルのサービス」に作り変えていただくこと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと、私は考えているのです。

そのような視点で、こちらのビデオをもう一度ご覧になって下さい。

  ★松岡先生との対談ビデオ(給与計算ビジネス編)
  http://em-tr261.com/L71358/v527/24141

松岡先生が、

 「人件費という経費を利益に変える」

とおっしゃっている「意味」がわかると思います。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加