ただいま、開業3年未満の方々と『6320プロジェクト』を実施
しております。

このプロジェクトは、『6』ヵ月間で月額『3』万円の顧問契約を
『20』件獲得しようとするものです。

プロジェクト開始から約2ヵ月が経過して、メンバーからも少しずつ
成果報告(契約獲得)があがってくるようになりました。

そんな中、あるメンバーから次のような報告がありました。

 『お盆休みに入りますので、ダイレクトメールの発送を

  調整しようと思っています』

つまり、そのメンバーは

 『お盆休みにDMを送っても読んでもらえないだろう』

と思っているということです。

 さて、この考え方について、あなたはどのように思いますか?

これに対する私のアドバイスは、以下の通りです。

 お盆休みに入るからといって、DMの発送を止める必要はありません。

 お盆=仕事が休み、というのはサラリーマンの発送です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 経営者にはお盆休みなどありません。

 むしろ、時間的な余裕があるのでDMをじっくりと読んでもらえる
 チャンスだと考えるべきです。

 余計な忖度をしたり、固定観念にとらわれずに、決めた作業を粛々と
 進めて下さい。

もちろん、お盆期間中は休むという経営者もいるでしょう。
しかし、すべての経営者が休んでいるわけではありません。

だから、私は

 『お盆期間中であってもダイレクトメールを送るべき』

だと考えています。

ここで私がお伝えしたいことは、『結果』がどうであるかということ
ではありません。

顧客開拓をする上での「気持ちのあり方(マインドセット)」です。

 〇〇だからできない

という理由で(言い訳をして)行動をしない人がいますが、それは
成果が出せない人の考え方です。

サラリーマンであれ、経営者であれ、成果を出す人というのは

 どうすればできるのか?

という考え方をします。

たとえば、お盆期間中をチャンスと捉え、ダイレクトメールには、

 【夏休み限定】特別キャンペーンのご案内

みたいなオファーをすることもできるでしょう。

もちろん、だからと言ってうまく行くかどうかはわかりません。
しかし、後者の考え方の方がうまく行く「確率」は高いはずです。

結局のところ、こうした「小さな行動」の積み重ねが、後々になって
「大きな成果の差」となるのです。

さて、夏休みを返上して「小さな行動」に取り組みたい方のために、
こちらの企画をご用意しております。

 ★社労士サマーブートキャンプ
  http://em-tr261.com/L71358/v527/24091

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加