■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 インターネットビジネスで学んだ「顧客心理の3原則」とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これまで「ダイレクトメール営業」に関して

 ・到達率(相手にきちんと届いているか?)

 ・開封率(相手が開封してくれているか?)

 ・認識率(自分に役立つ情報だと認識してもらえているか?)

の3つについてお伝えしてきました。

何でこんな回りくどい説明をしているのかというと、

 「セールスの世界」では世の中の一般常識が通用しない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

もしかしたら、あなたは

 手紙を送れば相手に必ず届く

 届いた手紙は必ず開封してもらえる

 開封した手紙は必ず読んでもらえる

と思っていませんか?

もちろん、これは「生活者」としては当たり前の考え方です。
むしろ、そうでない人というのは「非常識な人」だと思います。

しかし、「セールスの世界」ではこの一般常識が通用しません。
このことは、逆の立場になって考えてみればすぐにわかるでしょう。

 ・あなたはすべてのダイレクトメールを開封していますか?

 ・営業電話がかかってきたら話をちゃんと聞いていますか?

 ・街頭で配られているティッシュを受け取っていますか?

 ・店頭で「今日は何かお探しですか?」と言われて「見てるだけ」
  と答えていませんか?(本当は探しているのに・・・)

 ・食品売り場で試食を勧められたら食べてますか?

だから、

 「セールスの世界」では相手が反応をしないことを前提にして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「どうすれば反応してもらるのか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 を真剣に考えなければならないのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はインターネットビジネスの世界で、このことを学びました。

たとえば、このメルマガですが、私は毎日一生懸命に内容を考えて、
真剣に原稿を書いています。

現在の読者は約2000名(意外と少ないです)ですが、残念ながら登録を
されている方が全員、毎日メルマガを読んで下さっているとは思って
いません。

(もちろん、毎日楽しみにしていただいているコアな読者の方が
いらっしゃることも知っています。いつも本当にありがとうございます)

でも、これは仕方がないことなのです。
なぜなら、メルマガというのはそういうものだからです。

また、毎日一生懸命にメルマガを発行していても、時には購読を解除
される方がいらっしゃることも事実です。

 「解除するなら最初から登録するんじゃねーよ」

と思ったこともありますが、今はまったくそのようには思いません。

だって、メルマガというのはそういうものだからです。

ところで、私がインターネットでの情報発信(メルマガを含む)を学び
始めた頃、ある方から次のようなことを教えてもらったことがあります。

 顧客というのは「見ない」「読まない」「行動しない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、

 メルマガを配信しても開封されることはない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 開封されても最後まで読まれることはない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 セミナーの告知や無料オファーをしても申し込まない(行動しない)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

私はこれを「顧客心理の3原則」と呼んでいます。
つまり、「セールスをする時には一般常識を捨てろ」ということです。

このことを前提にすれば、ダイレクトメール営業をする場合でも、
どうすれば反応率をあげることができるかというアイデアが出てくる
ようになります。

 あなたは一般常識にとらわれていませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加