本日は通常の連載を中止して、このところマスコミを賑わせている
吉本興業の件について、少しコメントをしたいと思います。

世間では闇営業とかパワハラに関する問題ばかりが大きく扱われて
おりますが、私が注目しているのは所属タレントとの「契約」に
関することです。

むしろ問題の本質は、ここにあったのではないかと。

もちろん、芸人の「マネジメント契約」なので、私たちが日常的に
取り扱っている「雇用契約」とは微妙に異なる点はあるでしょう。

しかし、「提供するサービス」と「受け取る報酬」という視点で
考えれば、「雇用契約」も「マネジメント契約」も同じ「契約」です。

私が問題だと思うのは、金額の多寡ではありません。

吉本興業と芸人の取り分の比率が「1:9」だろうと「5:5」だろうと、
そんなことはどっちでも良いと思っています。

また、口頭だろうと書面だろうと、それも関係ありません。
ただし、それがお互いに合意した「契約」であるならばという話です。

でも、吉本興業の所属タレントにはお互いの「取り分」について、吉本
興行からはまったく知らされていなかったようですね。

とりあえず仕事があれば呼ばれて、芸を披露して、「今日はこれだけ」
と言って報酬を受け取っていたのが実態。

それでも、芸人として「活躍の場」を与えてもらえることが、彼らに
とってみれば大きなメリットだったのでしょう。

だから、私は報酬の取り分が「1:9」であったとしても、それは仕方が
ないことだと言っているのです。

問題は、その「取り分」が明らかにされていなかったことです。
ということは、契約が成立していなかったことになってしまいます。

それでもこれまでは問題にならなかったのは、吉本興業と所属タレント
との力関係が圧倒的に違っていたからです。

また、「芸能界」という特別な事情もあったのでしょう。
(事務所に逆らって独立すると仕事を干されてしまうとか)

しかし、今回の闇営業の問題を巡る吉本興業側の不誠実な対応によって、
これまで我慢していた芸人たちの不満が一気に爆発してしまったのです。

これって、零細企業における「労働トラブル」とまったく同じ構図だと
思いました。

零細企業においては、たとえ少々ブラックな労働条件であったとしても、
社長と社員との間の「絶妙なバランス」が保たれており、平時にはそれが
問題になることはありません。

社員にも生活がありますので、社長とケンカをして失業してしまったら
困るので、じっと我慢をしているということもあるでしょう。

ところが、会社を辞めることになったら話は別です。
これまでの不満を一気に爆発させることになるのです。

それが、「未払い残業代の請求」などのカタチで表面化してしまうのは、
皆さんご存知の通りです。

今回の吉本興業の件も、これとまったく同じ気がします。

でも、そもそもの問題は「反社会勢力」とのつながりであったはずなのに、
いつの間にか「吉本興業 VS 所属タレント」の契約問題にすり替わって
しまっていることも、ちょっと違和感がありますけどね。

話は少し変わりますが、先日ジャニーズ事務所が公正取引委員会から
「元SMAPが地上波テレビに出演させない問題」で指導を受けました。

これなんかも芸能事務所とテレビ局との癒着みたいなもんで、今回の吉本
興業の件と併せて、こうした「昭和時代の悪しき慣習」というのが令和の
時代にはもう通用しなくなったのだということを実感させられました。

私は、「雇用契約」であれ「マネジメント契約」であれ、契約というのは
双方が納得できる「フェア」なものでなければならないと考えております。

そして、会社と社員も、芸能プロダクションとタレントも、契約当事者が
相手方をビジネスパートナーとして尊重して、お互いにとってwin-winの
関係を築くことが大事なことだと思っています。

私は常日頃から、

 「これからの企業は社員から選ばれる会社でなければ生き残れない」

ということを言っておりますが、吉本興業も所属タレントから選ばれる
会社(芸能プロダクション)にならなければ、これからの事業継続が
難しいような気がしています。

以上、個人的なコメントでした。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加