昨日は、

 ダイレクトメールの反応が悪い場合に検討すべきポイント
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてお伝えをしました。

具体的には、以下の項目についてひとつずつ確認をしていきます。

 ・到達率(相手にきちんと届いているか?)

 ・開封率(相手が開封してくれているか?)

 ・認識率(自分に役立つ情報だと認識してもらえているか?)

 ・精読率(内容をきちんと読んでもらえているか?)

 ・理解率(こちらの意図をきちんと理解してもらえているか?)

 ・行動率(連絡や申込みをしてくれるか?)

上記の項目のうち、本日は「到達率」について考えてみましょう。

FAXであれ郵便であれ、ダイレクトメールを発送する場合には、
「原稿」や「セールスレター」を書かなければなりません。

タイトル(キャッチコピー)や文章の書き方、デザインやレイアウト
に悩みながら、一生懸命に「原稿」を作成します。

興味を持ってもらうために「相手のメリット」を伝えたり、場合に
よっては「魅力的なオファー(プレゼントなど)」を考えたりする
必要もあります。

もちろん、ダイレクトメールを作成する上で、これらはとても重要な
ポイントです。

しかし、こうした作業というのは、

 ダイレクトメールが相手に届いている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

という前提での話です。

そもそも、相手に届いていなければ、何の意味もないことになって
しまうのです。

 切手を貼って宛名を書いた郵便が届かないなんてことがあるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真面目な方は不思議に思うかもしれませんね。

でも、中小企業の経営者向けのダイレクトメールというのは、

 社長の机に置かれる前にゴミ箱に直行しているケースがとても多い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが現実なのです。

その理由は、社長が総務担当者(または秘書)に

 「営業のダイレクトメールは捨てるように」

という指示を出しているからです。

これは案外見落としがちなポイントです。

ダイレクトメールが社長の机に置かれて、社長がそれを捨てるので
あればともかく、あなたのダイレクトメールが

 社長の机に置かれる前に社員によって処分されてしまっている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

ということです。

 あなたのダイレクトメールは社長にちゃんと届いていますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加